スタジオシンクの情報はこちら
東京人 No.158 2000年10月号「Tokyo デザインガイドブック」執筆
Marunouchi Cafe
Q-FRONT
NTT DoCoMo 代々木ビル
明治生命青山パラシオビル
日の丸自動車学校
JR東京駅中央線ホーム
東京国立博物館 法隆寺宝物館

親子鷹

東京国立博物館法隆寺宝物館
谷口吉生
台東区上野公園13-9
1999年竣工

 国立博物館はいくつもの館に分かれているが、ここには建築の分野では珍しい親子共演が見られる。「親」は1968年東洋館を設計した谷口吉郎。「子」は法隆寺宝物館を設計した谷口吉生である。両者ともにモダニズムの旗手であるが、それぞれがその時代のモダニズムを表現しており興味深い。
 大らかな時代の東洋館に対して、法隆寺宝物館は厳格な線の構成をもって繊細な緊張感を漂わせている。池を前面に配置するファサードは、抑制された表現で周囲の環境までも建物に取り込んでいる。ガラスのエントランス・資料室と保存機能も重視した石の展示室の対比も見事であり、特にグリッド状に金剛仏を展示する第2展示室は谷口吉生の力量がいかんなく発揮されている。薄暗い展示室は宝物とともに時間まで保存されているかのようであり、展示室を出た室内は明るさと現代が満ちているのである。

COLLEZIONE
東京大学工学部1号館
N+ 南洋堂
[back]

 

 
お仕事に関して
これまでのお仕事
日々の雑記:毎日更新
おすすめリンク
別館:街歩き、レポート、プライベートなど

 

Copyright(c) studio sync : suzuki shigeo All rights reserved