go to brand-new diary

past sync days : early april 2004

april theme :Stay / Lisa Loeb & Nine Stories

_2004.04.01[2002] [2003]

快晴。いそいそと洗濯。

午前中は雑務に奔走。車でぐるぐると。石神井公園の桜が見事に満開なのでぐるりと一周だけ寄り道。

夕方信濃町方面に染赤号で向かう。途中地下鉄駅のシンボルマークが変更されていることに気がつく。東京メトロですか。サックスブルーが爽やかですね。K事務所に所用のためお邪魔する。用事が済んだ後にお茶をよばれ、後輩K氏所長U氏A氏と雑談。飲みにいってませんね。

K事務所を辞してそのまま品川に。友人T氏をピックアップして田町に向かう。婚約者K氏を交えて夕食をいただきながらT's Furniture の打ち合わせに入る。本日は各家具の色の最終決定。サンプル、色見本を提示しセレクト。

打ち合わせが早く終わったのでT氏K氏と千葉までドライブ。お二人を送り届けて帰途につく。久しぶりに夜中の首都高を堪能する。ブルブルブル。家にたどり着く前に雨がフロントガラスに落ちはじめる。予報どおり。

_2004.04.02[2002] [2003]

篠田真由美「幻想建築術 Architectura Phantastica」読了。篠田氏に関して今まで建築探偵シリーズしか読んでおらず、キャラクタ先攻の人という誤った認識を持っていたことを誤りたいような小説でした。《都》を巡る連作短編なのですが、ロジカルに且つ夢見がちな物語は実に圧倒的な世界を構築しているのです。読み進めていくにしたがい生じていた内容と題名との違和感が、ラストでふるふると消え失せていくときの面白さ。正直建築探偵よりもこちらの方が本筋なのでしょうか。大変面白く読ませていただきました。

午前中から都内某数カ所をぐるぐると巡る。行きには雨に降られるが帰途につく頃には青空が見え始める。千川通りの桜並木が満開。葉桜になりはじめている樹もちほら見かける。車の窓を開けると桜の花びらが数枚入り込む。大変気分がよろしい。

一度帰宅するが昼食を取ってすぐにまた出かける。郵便局によったり銀行によったりと近所で雑用をこなす。最後にGSに寄るが残りのガソリンが1l程度だったらしく普段よりも多く入る。内税方式になったので余計高く感じる。

午後もなにやら落ち着かず。細々とした用事を処理。

写真家K氏からメール。今月発売されるK氏の写真集と私も参加する出版記念イベントの件。詳細後日。来週打ち合わせをしなくては。

_2004.04.03[2002] [2003]

朝一で掃除。窓全開。風はありますがひどく強くはないうちに掃除を済ませる。

昼過ぎに長岡から帰京してくる家人M氏長男K氏を迎えに吉祥寺に向かう。天気がいいせいか車も多く、吉祥寺通りは酷い渋滞。多少遅れて吉祥寺に着く。二人をピックアップして帰宅。

陶芸家今井裕子氏から個展SOMETHING WHITE のご案内をいただく。2004年4月25-30日まで。不思議な素材感を表現する作家さんなのです。しかし今回の個展は千葉県印旛村ですか。。。なんとか時間を作って参じたいと思います。ギャラリー自体も古民家のリノヴェーションらしく雰囲気があります。しかも月に6日間しかオープンしないというのも興味深いです。

_2004.04.04[2002] [2003]

本日は040404ですか。

ゆるりと遅起きを堪能していると地震。長く揺れる。直下型ではないと判断したので状況を見守るがそれ以上ないので安心。

長男K氏用の名前シールの作成。イラストレータで30分ほどかける。昨年のデータがあるので多少は楽ですが、たんぽぽ組からばら組への変更なので字詰めや位置変更が手間である。字数が半分ですから。なんせクレヨン1本1本まで貼らなくてはならないので枚数が必要なのです。やれやれ。

柏レイソルvsアルビレックス新潟。1-0で負けたと思われたロスタイム2得点して1-2逆転勝利。J1初得点+初勝利が降ってくる。素直にうれしゅうございます。

_2004.04.05[2002] [2003]

午前中から落ち着かずに動き回り雑務に追われる。ばたばた。車に乗って近所に出たり、カッターマットの前で細かい作業したり、あんちゃらかんちゃらと作業目白押し。ようやく一段落してコーヒーを飲みながら時計を見ると次の予定まで1時間を切っている。やれやれ。

夕方散香号に乗って吉祥寺へ。ユザワヤとロジャースで買い物。文具売り場はやはりシーズンなのか随分と列が長い。そのまま東急百貨店に向かい、イベント会場に出店しているPIATTIのO氏に会いに行く。クロワッサンの店フェスティバルというイベントである。新商品のチェリー・ドライトマトをちびちびといただきく。ちょっとレーズンのような果物の風味が感じられる。美味しゅうございます。雑談に花を咲かせ、ドライトマトを購入した後撤収。

4月末のイベントの件で写真家K氏エディタH氏とお会いする。井の頭公園方面に向かうが夜桜目当ての人並みが多く歩き辛い。公園端の喫茶店で打ち合わせ。会場は聖路加のすぐ脇らしいのでまさに先日の街歩きがベースに使えそうである。資料作製の話をして解散。満月を眺めながら帰宅。美しゅうございます。

_2004.04.06[2002] [2003]

今日はようやく腰を落ち着けて仕事にかかれる。随分久しぶりな気がしてしまう。

昼過ぎに長男K氏の要望により近所の熱帯魚屋さんに行く。まだ春休みのところが多いせいか平日にも関わらず子供が多い。半分意識を飛ばしながら何も考えずに眺める。15mm立方ほどの大きさのハコフグのフォルムが素敵です。成魚とは違いほとんど紙風船のような形状。ちょっとスターフルーツなどの南洋の果物にも似ている。小さな鰭の回転率が高く見えにくいのでサイコロ状の物体が漂っているようである。

試写券が当たるも行けるかどうか微妙な日程。

_2004.04.07[2002] [2003]

葛飾の御意見番Y氏から著書を送っていただく。多謝。「地中海の聖なる島 サルデーニャ」陣内秀信・柳瀬有志共著。地中海のリゾート地としても有名なサルデーニャ島を古代からの歴史を遡り都市空間と結び付けたものです。島という地理的条件のためにヨーロッパ本土とは違う歴史の積み重ね方をしているようです。3年に渡る現地調査をようやく本にまとめられたようですね。カラー写真も美しく内容も濃そうですね。週末の楽しみに取っておくこととする。下田の御意見番S氏も調査に参加されていましたね。

某所からいただいた紅葉まんじゅうをおやつにいただく。普通に美味しゅうございます。伊藤博文との縁があるとは知りませんでした。

夕方所用にて市ヶ谷方面に向かう。新宿経由で市ヶ谷まで。駅から某大学までの桜並木を楽しむがすっかり葉桜。石神井の辺りよりも桜の散りが早いですね。母校の建築学科同窓会関係の用事で高層棟にあがる。25Fからの眺めは素敵です。座談会形式の取材。そのまま飲み会形式の取材へ。世代もばらけているのですがなかなか楽しく過ごす。帰途は風を感じるが寒さは感じず。幼稚園の園門には入園式のゲートと桜の花絨毯。

_2004.04.08[2002] [2003]

長男K氏は本日始業式。久しぶりの制服を着て出かけるが小一時間で帰宅。年中組は1クラス増えて全員で140人前後。人数が多い幼稚園です。

ずいぶんと髪を切っていないので鬱陶しいことこのうえない。来週か再来週くらいにはさっぱりさせたいところ。

T's Furniture の製作スケジュールが決まる。楽しみです。

本日はほとんどスタジオ籠り。図書館に行かなくてはならない用事があるのですが優先順位で蟄居を選択。半閉鎖モード中。

_2004.04.09[2002] [2003]

半徹夜仕事。キリのいいところまでと続けているとこういう目に遭う。混沌としたスタディがするすると納まるべきところに嵌り出す。こうなるとなかなか止められない。

某ギャラリーから展覧会の案内をいただくがHPへのアクセスがおかしくなっている。なにやらサーバの宣伝ページ(?)に飛ばされる。URLはおかしくないし親ギャラリーからのリンクでも同じところに行く。不思議である。展覧会自体は好きな作家さんが出展しているのでぜひ時間をつくりたいところである。

仕事の区切りの付いたところで石神井図書館へ。他の区の資料を請求する。何日かかるかわからないところが一抹の不安。ついでにReality Bites小泉今日子佐野元春等を借りる。学校が始まったので平日の図書館は静かでよろしい。

夕方図面モードから模型モードにスイッチ。そのままスタジオ籠り継続。

_2004.04.10[2002] [2003]

Reality Bitesを聴きながら夜なべ仕事に突入。名曲ぞろいです。

黙々と作業。こういうときにiTunesをランダムでかけているのは便利である。0700時に模型製作完了。本日は快晴なり。仮眠を取って午前中はゆるりと過ごす。

午後から阿佐ヶ谷K邸打ち合わせで田町に向かう。基本設計は順調に煮詰めております。ぐつぐつ。プランの基本形はほぼこれで固まりそうです。細部はまだまだ再考の余地あり。打ち合わせ途中にお茶請けで皮と餡が分離されている最中をいただく。皮がパリパリと香ばしく美味しゅうございます。宿題内容をまとめて撤収。

アルビレックス新潟vs横浜Fマリノスは1-3で負けてしまいました。ビッグスワンでの不敗記録は25でストップ。しかしスコアレスでなかったことだけでも明るい材料としましょう。悔しい。。。

_2004.04.11[2002] [2003]

1.4倍標準睡眠時間。頭もクリアになる。

天気がいいので小金井公園に出かける。花見のピークも過ぎたのか、五日市街道の渋滞もなくさくさくと到着。広い公園のアスレチックで長男K氏と遊ぶ。久しぶりに汗をかいた気分。おやつ前に撤収。

図書館から予約資料が届いたとのメールがあったのでK氏と図書館に向かう。他の区の資料なのに2日で手に入るとは大変優秀ですと花丸を差し上げたい気分。ついでに山下達郎小泉今日子など借りる。両方とも昔所有していたものですね。COME ALONG IIピクチャーレコードだったなどと思い出しながら帰宅。ピクチャーレコードというのも既に過去の遺物なんでしょうな。でも約300mmほどの盤面表現と言うのはインテリアとしてなかなか優れたサイズなのではと。それとも今のインテリアデザイン潮流は恣意的な趣味の表現はCDサイズが適正なのでしょうか。

クライアントの親族の訃報を聞く。建築、特に住居に関わる人間はクライアントの人生に対して一時といえども同期する時間を持つためにこういう機会は往々にして訪れる。既に告別式も終わったとのとのことで折をみてお線香だけでもあげさせていただこうかと。自分の設計した場所にいた時間に少しでも幸せを感じていただけたならと。ご冥福をお祈りしつつ合掌。

_2004.04.12[2002] [2003]

快晴。吉祥寺に行き髪を切る。いつもの美容室でいつもの美容師さんに。最近は何故かシャンプーしてもらうスタッフも同じ人でフィックスされています。前回切ってからなんと119日も経ってしまいました。そりゃ髪が鬱陶しくなるわけです。さっぱりと短髪に。気分もリフレッシュ。会員カードがシルバーからプラチナになりました。

銀行巡りをしたり買い出しをしたりと用事を集中的にこなす。銀行の窓口待ちの間で読書が随分と進む。某大河小説などを購入。なにやら髪を切るのとこのシリーズを買うのがリンクしているようですね。ゆるりと帰宅。実に自転車日和。

髪を切ると変わること。シャンプーの量と集中力。ま、数日で慣れてしまうのですけどね。

ミラノの御意見番F氏の情報。ジョゼッペ・テラーニ生誕100年で様々なイベントが開催されているとのこと。ミラノには新婚旅行でしか行ったことがなく、テラーニの作品も未見。次にイタリアに行った時には是非観たいと思っている作品群です。あぁミラノのF氏が羨ましい。

_2004.04.13[2002] [2003]

午前中所用で区内某所へ。なにやら肌寒い日。温度差が激しく感じる。

いつの間にか某番組のスケジュールが変わっていたために見逃していたことに気が付く。1か月ほど前は週末だったのに。。。とほほ。

仕事は一進一退。匍匐前進でも進んでいればいいと思うか思考の撹拌には多少なりとも意味があると前向きに考えようか。

夜、小一時間ほど余計なお世話というかお節介な作業をする。気分転換もしくは逃避行動の一種。

_2004.04.14[2002] [2003]

不意をつくような予定が数件入る。やりくりするが、結果的に今夜予定を入れていた試写会を断念する。確実に行けると踏んでいたというよりも願望として蜘蛛の糸のように記入していた予定だったのですけど。やれやれ。

鹿島アントラーズvsアルビレックス新潟は前半2-0から後半2点追い付き同点に。最初はアウェイで鹿島に同点と聞きよくやったと思っていたが、徐々に何故勝てないと欲をかいてしまう。謙虚に謙虚に。しかし連敗していないのが誇らしい。

義母K氏からまた美味しい卵をいただく。10kg箱140個入り。家人M氏はさっそくお裾分けの準備にかかる。しばらくツンと張りのある卵をいただけるとは小確幸ですね。

_2004.04.15[2002] [2003]

スタジオの窓から見える工事中の住宅の覆いが取れる。某ハウスメーカのものである。うーん。激しく残念な印象。昔の古くはあったけれど日本家屋の方がよかったです。特に煉瓦模様のサイディングと広い敷地内の植栽があっていません。まさに取ってつけたような仕事です。やれやれ。

夕方気分転換に近所を散歩。適度に風が出てきて気分がいい。

そして雑用は増えるばかり。。。やれやれ。

[past sync days]

[2001] [2002] [2003]

back