go to brand-new diary

past sync days : end november 2003

november theme :You Really Got Me / Van Halen

_2003.11.16 [2001] [2002]

池波正太郎「陽炎の男」読了。「剣客商売」のシリーズ第3集。「まんぞく まんぞく」と呟きたくなる。

多少体調よくなったので仕事関係の読書に移行。天気いいんですけどね。。。

午後から中野の先輩O氏のところに林檎のお医者として往診に向かう。久しぶりに観ましたPerforma575と漢字Talk7.1。修理というほどの手はかけずに用事は済む。それにしても予想以上にサクサクとストレスなく作業ができることに驚く。適材適所、適OS適機種ですね。作業終了後お茶をいただく。O氏のところの愛犬モモ(キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル)の歓迎が嬉しい。やはり犬が身近にいる生活には憧れます。

O氏が目白の吉村順三記念ギャラリーに行くというので染赤号で目白に向かう。日曜日なのに車が少なく快適に進む。しかし住宅街の一方通行の嵐に行く手を阻まれる。時間がなくなってきたのでO氏と別れ帰途につく。次回はちゃんと調べてから徒歩で散策しようかと画策。それにしても暖かい日差し。11月なのに窓を開けてドライブ。

携帯電話につけていたASIMOストラップの足が取れてしまう。微凹。

_2003.11.17 [2001] [2002]

体調横ばい。午前中近所のスーパーに出かける。天気はいいのですが風が強く冷たい。スタジオも北と東に向いているので風圧でサッシが音をたてている。ちなみにスタジオの向きは鬼門は外れています。子牛といったところでしょうか。

なるほどこの北風は木枯らし1号だったわけですね。既に吹いているとばかり思っていました。

一部で流行っている(?)金持ち頭脳をやってみる。以下結果です。

タイプ: 測定不能型
スズキシゲオさんはお金持ち資質がなかなかあると判断されました。どんどんこれから調子を上げていくものと思われます。ただ元気の無さがどことなく足を引っ張っていく感があり気になるところです。 また、 スズキシゲオさんは測定不能型と分類されました。全体的に中途半端な傾向か、またはとてもレアなタイプなのかもしれません。まじめに回答しましたか?

うーん。まじめであったかどうかは蟹のみそ汁神のみぞ知るというか薮の中といおうか。。。取りあえず謝っておきましょう。すいません。

明日の予定に合わせてついでにこなせそうな用事を物色。核になる予定がちょっと半端な時空間

_2003.11.18 [2001] [2002]

このところよく聞くセルビア・モンテネグロユーゴスラビアのことだったのですね。自分の不勉強を反省。しかし今の時代の世界地図の作成者ってのは大変なのですね。国名のフォローだけでも難儀でしょう。学校の地図帳を観てみたくなる。

東京ジオサイトプロジェクト/地底能楽堂の観覧のため都心に向かう。

吉祥寺経由で有楽町に。新しいAppleStoreの脇を通り伊東屋にて手帳物色。この以前は同じメーカの同じ型を使い続けていたのですが、その型が廃番になって以来ここ数年手帳ジプシーなのです。探しまくり一応理想の80%位のものを購入。まだまだジプシー生活は続きそうです。

ncaにてJanaina Tschape展 [Agua Viva] 鑑賞。皮膚感覚に訴えかける女性フォトグラファの個展。以前観た7人の写真展の中の一人で、その中でもお気に入りの作家です。透明感のある写真は引き込まれます。ビデオ作品はギャラリの照明を消して鑑賞させていただく。また今回のテーマには合わず展示できなかった大判の作品をバックヤードに入れてもらい鑑賞。スタッフT氏多謝。やはりオリジナルプリントは違います。

徒歩で虎ノ門に向かう。交差点の中州から地下に向かう。本日の本命東京ジオサイトプロジェクト/地底能楽堂です。まずは螺旋階段で10m地下の第1層に。重機や作業事務所などの他に今回の為に展示が多少。掘削中に出てきた江戸城の石垣などが置かれています。そこから地下30m地点まで工事用エレベータで降ります。バランスウェイトや油圧式ではなく歯車を使ったピニオンレール式のエレベータが素敵です。竪坑の構造梁部分が人の通路にもなっておりまずは横穴の一つに入る。キャンドルアートが配置されていますがここのPCブロック(セグメント)の美しさに目が行く。135m地点まで侵入可能。この横穴は7m/dayで掘削し、同時にトンネルにセグメントを組上げていくという。つまり掘り進めると同時に利用可能なトンネルの完成品ができるというのである。侮り難し日本の技術。

そして地下40mの最下層に螺旋階段で向かう。直径21m/高さ30mの吹き抜け空間にはエレベータのたてる機械音が充満している。仮設の能舞台も設置終了している。最下層についてからもなかなか舞台は始まらない。なんせ定員10名以下のエレベータのピストン輸送で観客を入れているのでそれだけで時間は経つ。客層は不思議と身なりの良さそうな御夫人が多い。どうやら野村萬斎氏の追っかけファンらしいがとても工事現場に入るような身支度とは思えずちょっと辟易する。

ようやく始まる。タキシード姿の荒俣宏氏、和装の宝生英照氏、スーツ姿の野村萬斎氏が壇上に。しかし観客含めて全員がヘルメット姿というのがなんとも違和感があってよろしい。江戸における虎ノ門の位置や地下鉄などのエピソードを荒俣氏が語り、能や狂言の歴史経緯などを宝生氏と野村氏が語る。そして小休止の後野村氏の狂言が開始される。演目は「磁石」。初めて実際に観る狂言は動きの面白みや衣装等への興味よりも素直に「愉快」だと感じられたのが不思議でした。これが芸なのでしょうか。おそらく音響的にも設営的にもベストにはほど遠いのでしょうが惹き込まれた状態では気になりませんでした。次回は普通の能舞台で観たいものです。終演後再び延々とエレベータ待ちをして地上に復帰。ゼネコンMとKの資料をしこたまいただく。私はこういうものが好きだが萬斎ファンの方々はどうなんだろうかと気にかけつつ帰途につく。デジカメで実際撮れているか判らないが資料的価値としてなるべく早めにサイトにアップすることを検討。

帰宅後着替える間もなく方々にファックスを送ったり受信したり電話したり。やれやれ。さっそく今日の公演がニュースで流されていた模様。報道の数は結構なものでしたが私にはインタヴューのマイクは向けられませんでしたとさ。

吉祥寺で買った森博嗣の新刊を読むかどうしようか迷うが仕事を優先させることにして積読モードに。

_2003.11.19 [2001] [2002]

昨日の公演が色々ニュースになっていますね。ふむふむ。昨日は土木の日だったのですね。

本日は打ち合わせに赤坂方面に出動。出がけは長男K氏と同伴する。

午前中はあっという間。昼は赤坂の御意見番S氏とトルコ料理屋に久しぶりに行く。しみじみと美味しい。まだ風邪が治らないのでチリソースをバンバンかけて食す。取りあえず汗はかいたが体にいいかどうかは不明。

ビル内の空気の加減か午後の打ち合わせ中に頭が痛くなってくる。打ち合わせ終了後髪でも切ろうかと美容室に連絡するも担当者がお休み。やれやれ。失意のまま帰宅。

風邪の具合がよくなるどころか俯角7度ほどで悪くなっている模様。そしてそんな夜にも夜なべ仕事。やれやれ。

_2003.11.20 [2001] [2002]

本日は阿佐ヶ谷O邸第2期工事着工日。現場に向かいます。

雨が思ったより激しく少々渋滞。今工事は庭に出すデッキと居室の雑作変更。F工業K氏と最終打ち合わせ。細々とした用事を済ませ撤収。雨は小降りに。

どうも体調が微下降気味。コーヒーでだましながら図面描きにかかる。

夕方医者に行く。今の時期はインフルエンザの予防接種もあるのでなかなか待たされる。新しい薬を処方してもらい撤収。こんなに風邪が長引くのも自分的には珍しいことである。

階下の住民M氏の車が車上荒らしにあいカーナヴィが被害にあったらしい。マンションの駐車場ではないのだが数十mの距離の出来事。染赤号にはカーナヴィはもちろんないし、ステレオも取り外せない。常時車載しているのは傘とCD数枚程度なので車上荒らしに遭遇しても被害はたかが知れているがあまり気分のいいものではない。

夜が更けるに連れて雨音が再び激しくなる。暖かくして夜なべ仕事に励む。今年はボジョレー・ヌーヴォー解禁二の酉も関係ありませんでしたね。

_2003.11.21 [2001] [2002]

365日ぶり誕生日ですね。やれやれ。

本日も赤坂に打ち合わせのためお出かけ。11月とは思えない陽気で電車の中で汗をかいてしまう。

池波正太郎「天魔」読了。「剣客商売」のシリーズ第4集。時代小説を読んでいて地理的には大概掴めるのだが、経済的には把握できない点が多いのが歯痒い。おそらく同じ一両でも時代によってまったく変わってくるであろうしものに対する価値が違うのでなんともいえない。例えば古寺の修繕費として田舎の寺とはいえ二百両下らないという。そして普通の商家は伍拾両くらいの寄進は不思議でないようである。このとき一両=10万円くらいでしょうか。しかし町人は五両あれば1年は暮らせると啖呵を切ったりする。さらに一部銀とか他の単位が出てくるとまったく判らなくなるのである。数読まなければなのでしょうか。。。

様々な通信手段で誕生日のお祝いいただきありがとうございます。多謝。

_2003.11.22 [2001] [2002]

本日で生まれてから13,515日。随分生きたものですね。

明日の母の法要のために長岡に帰郷。

3連休の初日のためか東京駅の混雑は結構なもの。駅弁を買い込み乗車。しかし上越新幹線はせいぜい80〜90%ほどの乗車率。昼食後は快晴の空を眺めているうちにまどろんでしまう。目が覚めた時には新潟に入っている。予報通り天気は優れず。長岡で下車。一歩降りたとたんに東京とは違う寒さを感じる。湿気が多いんですよね。

義母K氏のっぺ大変美味しゅうございます。

_2003.11.23 [2001] [2002]

本日は母の三回忌。長岡は快晴です。

 

アルビレックス新潟J1昇格+J2優勝おめでとうございます。

新潟ローカルの番組でアルビレックス特集を見る。興奮したアナウンサと対照的にクールな反町監督が素敵です。

_2003.11.24 [2001] [2002]

新潟県長岡市周辺快晴。

義姉E氏の車に乗り郊外の大型店舗群に向かう。トイザらスに到着。E氏から長男K氏にクリスマスプレゼント。相当フライング気味ではありますがまだ商品が豊富でシーズン直前の混乱を避けての理由。といっても店内は既にクリスマスモード。店員ほぼ全員がサンタ服を着用。悩んだ結果プラレールレゴ基本セットを選択。ようやく大型のデュプロではなく普通サイズのレゴに移行することになりました。そのまま近くの回転寿司に向かう。大変美味しゅうございました。

昼過ぎに長岡駅より新幹線に乗車。キオスクでAlbirex勝ちの種を発見するが購入は自制。今度希望者があったら購入しましょう(いるのか?)。しかし新幹線の中というのは転寝向きの温度設定である。そしてしばし転寝。。。東京駅で中央線に乗換。吉祥寺からのバスは夕方のラッシュ時間に当たってしまいなかなか進まず往生する。

帰宅後は3連休の間封印していた仕事を開封。いきなりきっちり夜なべ仕事です。

そしてアルビレックス昇格ネタの〆はこの写真。ちょっと観てみたかったなこんなライオン。

_2003.11.25 [2001] [2002]

0500時就寝。0900時起床。すぐさまスタジオ。しかし雨脚が強いので送迎車として近所を回る運転手になる。待ち時間に電話打ち合わせを済ましたりと午前中はバタバタと過ぎて行く。

昨日の長男K氏へのプレゼントが宅急便で届く。さっそく開封。レゴ基本セットのパーツの多さにくらくらする。正直言って羨ましい。自分が幼少の頃に持っていたものはもっと貧相な構成でしたから。しかしその当時はレゴといえば何にでも変身する魔法のブロックでしたから無心になって作っていたのでしょう。カクカクとしたフォルムのものを作っても脳内では流線型の飛行機だったりというのは想像力を鍛える訓練みたいなものだったのでしょう。だから現在のあまりも具象的なレゴブロックに対しては懐疑的です。ですから基本セットに妙に安心したりする。時代が違うと言うのが理由になるのかは判りませんけど。どちらにしろゆっくりレゴで遊んでいる時間はないので開封だけしてすごすごとスタジオに籠る。がっかり。

隣のマンション(何故かドーリア式の柱が建っている)のエントランス付近にクリスマスツリーが設置されている。昨年は見かけなかった。ちょっとせわしないライティング。それにしても雨のクリスマスツリーの物悲しさは気温を3度は低くさせるものがある。降雪だとそうではないのですけど。

_2003.11.26 [2001] [2002]

快晴。昨日の夜なべ仕事で午前中時間が出来たので雑用をこなすついでに図書館による。目についたScatman Johnなぞを借りてしまう。実際の時間経過よりも懐かし度が強いのは何故でしょう。他にThe Brian Setzer Orchestra久石譲、池波本、仕事関係図書数点を借りる。天気のいい日に自転車で石神井周辺の高低ある地形を行くのは楽しい。武蔵関駅前の銀行に着くがATM前のあまりの長蛇っぷりに打ちのめされる。(昨日=給料日+連休明)×雨天→長蛇の列という想像をしても列は減らず。諦めて帰宅する。明日以降リベンジ必至。

午後からはスタジオ籠り。ファックス待ちで半端な時間をジリジリと過ごしたり。本日は歯車の回り方がよくありません。

基本的に紅白歌合戦は興味がないのですが、祝綾戸智絵さん初出場。個人的には昨年の中島みゆき並みに嬉しいです。というか綾戸智絵一青窈BEGINくらいしか興味は持てませんけど。

_2003.11.27 [2001] [2002]

J-Wave ZERO-HOUR で山田詠美「ぼくは勉強ができない」を原田泰造が朗読している。最初はどうなることかと思ったが曲の選曲もよく違和感も少なめ。今回は題材の良さでしょうか。

本日は阿佐ヶ谷O邸打ち合わせからそのまま赤坂打ち合わせの予定。移動時に読む本の選定は怠りなく。大泉学園経由阿佐ヶ谷行きのバスは時間が全く読めない。本日も寒風の中延々と待たされる。来たバスは空いているので転寝できるのが特典ですけど。

阿佐ヶ谷O邸は室内の工事はほぼ本日で終了予定。サッシ交換に取りかかっている。F工業K氏とデッキ部分の最終確認。O夫人立ち会いの元実際の設置場所で計りながら確認を取る。庭石や植栽に近接する部分が多いので図面との相違点をみていく。他数点打ち合わせ後撤収。丸ノ内線で赤坂方面に急ぐ。

昨日の銀行リベンジを果たして打ち合わせに入る。そのまま体内時間30%加速で時は移る。

明日もあるので多少早めに帰宅。家人M氏が観る白い巨塔を垣間みる。面白そうだけど時間がないので入浴後すぐにスタジオに籠る。これからのスケジュールを検討してため息一つ。睡眠時間をどのくらい削りましょうか。

_2003.11.28 [2001] [2002]

本日も赤坂にて打ち合わせ。建築家A氏とその実弟K氏の講演会を含むシンポジウムは行くことができない。せっかく当選したのに。。。

赤坂にて頭も手もフル回転。我ながら良く動く手に感心。

某社よりお話が来る。微妙な話。さてどうしましょうか(謎)。

良く動く手の勢いが止まらずハッと気がつくと2415時。慌てて撤収。中央線高雄最終に乗る。しかし雨の金曜日は芋も洗えないほどの混み具合。ラッシュ時の混雑にこのところ疎遠であったので激しく疲弊。A3サイズの図面バッグも敗因の一つ。電車は15分ほど遅れる。吉祥寺2515時の最終バスに駆け込みで間に合う。バスの出発も中央線の遅延に引き吊られるように遅れる。当然バスも混雑。2600時にようやく晩飯にありつく。やれやれ。

_2003.11.29 [2001] [2002]

風呂上がりにナイトキャップ代わりの缶チューハイ。雑用をこなす。

コンペ締め切りが近いので第一次閉鎖モードに移行。

雨。阿佐ヶ谷J邸。吉祥寺。帰宅。

閉鎖モード続行

_2003.11.30 [2001] [2002]

基本作業終了。出力に向かう。

数々のアクシデント。それを切っては投げ切っては投げ。。。

都内某所に持ち込みで提出。締め切り6分前。開放感というよりも疲労が湧き出るように感じられる。

本日大安とのことで西武新宿駅前にて年末ジャンボ宝くじの売り出しをしているので吊られて10枚連番購入。当たるような気がします。

湯船にてコンペ疲れを放出する。

データ整理をして一段落。遠足は家に帰るまでが遠足。コンペは後片付けをするまでがコンペ。。。

[past sync days]

[2001] [2002] [2003]

back