go to brand-new diary

past sync days : end november 2001

november theme :Citizens of the World / BBF&ZumZumAllStars[vo.Monday Michiru]

2001.11.16

ほほう。昨日はボジョレーヌーボ解禁でしたか。まったく気にしてませんでした。解禁はだけで十分。

さっそくですが上記の曲について。はっきり言ってこの曲を聴くのはちょっとです。1993年の企画もののバンドというかユニットというか。メインを爆風スランプのリズム隊(BBQ&FS)、そこにマンディ満ちるPJをはじめとした曲者が組んだアルバムです。なにがに豪華なものですがすぎて多分売れなかったでしょう(苦笑)。でもいい曲だらけ。カバーが半分なんですが砂の砂漠中国語歌詞+サルサアレンジとか上を向いて歩こうスペイン語歌詞+ボサノヴァアレンジ、さらにLet's Kissレゲエ版とか。書けば書くほどキワモノでしょうか(笑)。でもいいんです川平慈英風)。

そのなかのオリジナル曲なのですがマンディ満ちるの曲。これが深く染み入るバラードなのですが、今のこの多動する社会の中で聴くとより痛く刺さってきます。平和な気持ちを持てること、普通の生活を送ることがいかに贅沢になっているのでしょうか。飢餓などはなくなったかもしれないけどより複合的な状況が降りかかる世の中で芸事(悪い意味ではありません)の強さや価値を感じます。もしご希望ならMP3ででも送りましょうか(合法?)。この曲はマンディ満ちるの中でマイベストです。ちなみに私の持っているCDは中古屋で購入したのですが思いっきりサンプルと書いてあります。横流れ?だいたい正規に販売していたものなのかもちょっと不安。でも中古屋さんにはこの手のもの結構出まわってますよね。エレファントカシマシのデビューシングルサンプルって書いてあったなぁ。。。

昼過ぎに所用で丸の内方面へ。再開発が盛りだくさんで方々で槌打つ響きがしますね(例えです)。東京中央郵便局隣の東京ビルヂングに行きました。ビルヂング=三菱地所の法則通りに三菱地所の建物です。築何年くらいでしょうか。なかなか方々のディティールがそそります。特に階段室がいい。コの字型の入り隅に面した階段室は広々として余裕のある計画です。スチールサッシも厚く塗られた塗膜が年月を感じさせます。所々の表示とかもレトロです(というには新しいかな)。

東京駅前に小学生らしき大群。TDLの袋を持ってます。修学旅行でしょうか。今夜の宿泊は東京ステーションホテルのようで次々と吸い込まれていきます。いいですね。私も一度でいいから泊まってみたいです。でも小学生達にはその味わいはわかりにくいでしょう。例えるなら秋刀魚のハラワタとでもいいましょうか。。。もしわざわざ東京ステーションホテルを指定してきたのならなかなかいい学校だと思いますね。独断ですが。でもきっと旅行会社の経済的処理なんだろうなぁ。。。

2001.11.17

そうだそうだ仙台在住友人K氏から嬉しい知らせが入ってました。待望の女児誕生だそうで。しばらくは睡眠不足との闘いですね。水彩画の方も順調だそうで。個展早く見てみたいですね。

今日は地獄起きして洗濯。最近は洗濯機にタイマがついているので時間が上手に使えます。まぁその後は仕事にでたとさ。でも電車に乗って気がつくと御茶ノ水。二つも寝過ごしてしまいました。まぁ以前神楽坂から南砂町まで10駅も寝過ごした前科がありますから二駅くらいなんのその。。。

さくさくと仕事をこなしてまた窓のお医者さんとして神楽坂方面に。まぁこれであらかた治療は済みました。そこで友人M氏と新宿に飲みに。すでに友人K氏が飲んでいるヴェネツィア居酒屋に。たまたまそこで会ったという友人K氏の伊留学時代の友人達の飲み会に参加。J氏のことも良く知っている人が多く世間の狭さを実感。美味しいワインとヴェネツィア料理をいただきました。

そこからさらに1軒河岸を替えて飲みました。COD形式のバーで。新宿をそぞろ歩くと花園神社の辺りが賑やかですね。酉の市のようです。見ると二の酉の前夜祭ですね。さすが花園神社。すっかり異界と化しています。参道は普通の屋台や例の熊手の屋台が出ているのですが境内はすっかり居酒屋でした。しかも海鮮炉辺焼きといった風で本格的な店が所狭しと軒を連ねています。。飲んでいる人も本格的な酔っ払いです(苦笑)。東京はやはり人の多さと賑わいがいいですね。花園神社を出るとそこはまた通常の歌舞伎町。ほとんど新宿鮫の世界でございましたとさ。

2001.11.18

本日はオフ。ゆっくり寝ました。明日家人M氏長男K氏が帰京してくるので掃除洗濯をこなしました。昨日新潟はアラレこんこだったそうです。関東圏は冬に晴れてますからやはりギャップがありますね。上京してながくなったので今はもうなれましたが最初は晴れている冬乾燥している冬になかなか感覚がついていけませんでした。とくに雪が降っていないクリスマスに最初に遭遇したときの驚きといったら。雪国ではホワイトクリスマス以外は存在しませんでしたから。きっと性格形成にも影響していることでしょうね。あえて考察はいたしませんが。。。

ぼちぼちと吉祥寺まで買いもの。生活用品はさくさくと。ほかはそぞろ歩きで。実は先日から探しているものがあるのですが今日も街中を検索。探しているのは眼鏡なんです。それもハリー・ポッター風のものを。まぁミーハーなんですがね。でもあのまん丸眼鏡は昔から数奇な形状なんですよ。グランブルーブームのときも探したのですがなかなか気に入ったのがなく断念。その後の正弦波のように検索欲が首をもたげます。でも最近の流行は細いタイプが主流なようでまったくありません。唯一いいなと思ったらジョン・レノンモデル。はぁ。これはいいや。。。

でも最近のあの目よりも細そうなモデルって視力強制を余儀なくされる私のようなど近眼人間には向きません。コンタクトレンズ装着を標準モードにしているのですが寝る前などや非常時はどうしても眼鏡は必要ですから。でも今回もハリー・ポッター風探せませんでした。どこかにはあるはずだよなぁ。。。

Bonnie PinkJust a Girl」聴了。ますますソリッドにカッコよくなっていきます。彼女の英語の歌い方って実に気持ちいいんですよね。でも力強く。そしてオリジナル。もちろんビートルズにインスパイアされてた時期もありますしスウェーデンの方々から離れたときにどうなるだろうなんてときもあったのですが新しい面を発掘してくるのは素敵です。今回のアルバムでは僕じゃなかったなら眠れない夜という曲がお気に入りです。さっそくMP3に落としてどこでも聞ける体制をとりました。Discmanも久しぶりにスガシカオから定位置を奪取しそうです。それにしてもクリスマスソングなのにCloudyは来年一月の発売ですか。来年早々公開の鈴木光司原作「仄暗い水の底から」主題歌もやってそれで両A面かぁ。いろいろやっているなぁ。でも両A面って表現は死語だろう。レコード時代は過ぎ去りき。

今日は某ミッ○ーマウス氏の誕生日だそうで。ふーん。奴って蠍座だったんだぁ。。。

2001.11.19

昨夜の獅子座流星群すごかったですねと言いたかった。ラジオでもテレビでもWeb上でもその話題が必ずのぼる。そういうときに限って半年に一度くらいの12時前就寝をしてしまっている私って。。。いいんだい。所詮流れ星なんてというほど悔しくなるのは負け惜しみだからでしょうね。

渡辺真理・木下庸子孤の集住体」読了。この手のプランが多く載っている本は読み解こうとするので時間がかかりますが面白かったです。自分自身集合住宅の設計を多くやってたので脱nLDKという分野に興味もあるし、ADHの設計自体にも共感も興味も抱いていたので堪能いたしました。ヨーロッパのコハウジング等の調査なんて華やかに見える設計とは違って地味ですけど派手な美術館を眺めるよりも面白そうです。まだまだこの分野は未開発なところが多いのでこれからが楽しみですね。どうでもいいけどって字がって変わっていても気がつかないだろうなぁ。一箇所くらい誤植でなかったのかしらん。

12時過ぎに帰宅。でも流星は見えず。相当に持ってますねこれは(他人事モード)。

家人M氏&長男K氏帰京。義母K氏も同行してくださったのですが帰宅が遅く会えず。明日も地獄起きなのです。

2001.11.20

早朝長男K氏が寝ながら声を立てて笑う。だんだん言語能力が進歩しているようで発声が標準形に近くなってきているような。大きくなったなぁ(しみじみ)。

先日買ったBonniePinkのCDにはおまけとしてスクリーンセイヴァやデスクトップ画像がついている。そういえば一時期はQuickTimeを使用したパノラマ画像プロモムービーなんかがついてきましたけど最近はなりを潜めているようで。ケンイシイとかのプロモとかは面白かったですが他はまぁイマイチだったとの感慨。結局技術を見せて驚かそうというのはシーガイアのプールの出し物のように飽きられるのですよね(一度目で最後の方は飽きた)。TDLのような代わり映えしなくてもコンスタントに変化してリピータを集める方が効果的だと。それとコンピュータの普及の問題ですかね。生活の一部として細かいアクセサリーの要望が何気にあるのでしょう。そういいつつちゃっかりボニピンスクリーンセイヴァつかってます。写真じゃなくて昔のファミコンの画面みたいなCG。カッコ可愛いです。

2001.11.21

本日仕事場で泊り込みの予定なので未来日記します。

昼過ぎに阿佐ヶ谷で改装の打ち合わせ。その後は飯田橋で仕事仕事仕事徹夜確率80%。どしゃぶりですね。

本日私の誕生日。当年とって35歳。四捨五入はしないように。あぁ、なのに泊り込み仕事。とほほ。まぁこういう人生なのでしょう。獅子座流星群も見れなかったし(まだ引きずっている)。

などの呟きを誕生日の神様はお聞きくださったようで徹夜は回避。残りの20%だったわけです。気象予報士的にはオッケーですね。もちろん終電+地獄起きセットではありますが自宅で風呂に入って缶チューハイを飲みながら日記の更新をできるなんて幸せだなぁ。こう書くとフランダースの犬のネロ並の薄幸さが強調されますね(どこが)。

お昼過ぎに阿佐ヶ谷で打ち合わせ。すっかり補強も終わり築40年以上の木造家屋とは思えない剛性が足を伝わってきます。ちょっとした重量鉄骨並みの感じです。造作家具、フローリングや塗装その他の素材関係を決定して蜻蛉帰りで飯田橋の仕事場へ。お昼は立ち食いそば。んージャンク

その後は記憶にないくらいの仕事漬け。正しくない生き方だなぁ。各地からのお祝いメールありがとうございます。結構友達いるじゃん>自分。まぁとりあえず今日は寝ましょう。

2001.11.22

今日は1122いい夫婦の日というなかなか恥ずかしい日ですね。ベタだけど記憶にこびりついてしまっているわけで。そういうわけで後輩T氏の結婚記念日ですね(笑)。この夫婦の結婚記念日の記憶はなかなか消えそうにありません。

今日はいわゆる小春日和というやつでしょうか。インディアンサマーというのもなかなか意味不明な言葉ですが小春日和も引っ掛け問題のような表現です。じゃないんかいというようにツッコミたくなります。何はともあれ暖かい、いや汗ばむくらいの陽気でしたね。冷たいおうどんがお昼に美味しくいただけました。

山は過ぎ去ったようなのですが台風通過後の大雨のようにバタバタした一日。電話連絡とかも多かったし。バタバタしているうちにまた青焼きの束で指を切ってしまう。イタイイタイ。それにしても手術用には瞬間接着剤のようなものも存在するとの噂ですが市井に市販されませんね。ささっと傷口に塗るだけで止血できればいいのに。滅菌等の問題でしょうか。バンドエイド貼るときに隣に置いてあったアロンアルファを見てちょっと思ったりして。

明日はオフ。明後日もオフ。明々後日もオフ。3連休です。でも家具図面はどこかで描かなければなと。

2001.11.23

勤労感謝の日です。旗日です。結構旗日という字句は数奇ですね。日の丸問題に絡むと難しくなりますがあくまでも語感ということで容赦。そういえば小学校の同学年に本日誕生日が3人いました。もちろん今も生きているはず。どうしているでしょうかね。

北村薫六の宮の姫君」読了。私と円紫師匠シリーズです。感嘆というのがいちばん簡単な感想(駄洒落?)。でも日本文学は得意なジャンルじゃないので皮一枚接近できない感嘆でした。もちろん面白いんですけど。どちらかというと文章に酔っていますかね。今作のと胸と突かれた文章。「何事かを追求するのは、人である証に違いない。」とりあえず膝に手を置き反省。恥ずべき人生じゃないのか>自分。自らの仕事をどこで止めるかという職人と仕事と趣味と心根のない交ぜになった心情をまとめた一文。頑張らなくっちゃいろんなことに。この辺も勤労感謝的?(違います)。

本日は近所の成蹊大学学園祭があるとのことで遊びに行きました。有名な欅並木は何度も訪れましたが大学の構内に入るのは初めてです。十年一日のごとき学園祭ですがやはり工学部のみの学園祭とは華やかさが違いますね。古い校舎もディティールを見る楽しみがあります。堪能欅の落ち葉が降る様を見て気分もリラックス。模擬店をつまみ食いしてお昼を済ませました。

夕方新潟の父K氏より携帯に電話。母死去とのこと。来るべきものが来たということで。明日は新潟に帰省します。

今宵の空には綺麗な半分のが浮かんでいました。

2001.11.24

諸連絡を済ませる。友人の動きに感謝

家人M氏と長男K氏を残して単身家を出る。二人は明日帰省。飯田橋にて引き継げるくらいの仕事をこなして東京駅に。一路長岡に。新潟も本日は暖かいようです。

葬儀場へ。母と対面。家族と処々の相談。その後家人M氏の実家を訪問。

2001.11.25

昨日長男K氏と家人M氏は再び成蹊大学学園祭を訪れたらしい。最初に食べた綿飴がよほど記憶に残ったらしく一直線。「ワタアメ、クルクル、オッキイ、オイシカッタ」。100円の至福でしょうか。

納棺。通夜。夜伽の番。

2001.11.26

寒冷前線の南下による冷え込み。夜半から雨。

告別式。出棺。火葬。

山の中の火葬場の周りは申し訳程度の紅葉しか残っていません。

お骨取。灰入れ。法要。

洋花に囲まれた頭蓋にはほのかにピンクの色素が沈着していました。

疲労。

2001.11.27

さらに冷え込んだ長岡では早朝から雪。初雪です。今日が冬の最初の日なのかもしれません。その後雪や霰に変わるも終日寒い一日でした。

泥のように眠る。起きても身体感覚著しく減少。昼頃実家に顔を出す。父K氏はすでに店を開けている。日常という存在は本当はない。一種の幻惑。そして「いままでの日常」と「これからの日常」の転換期。無理はして欲しくないが心持はわかってしまう。

長岡は夜になっても霰が降りしきり身を切るような冬の風。単身帰京。明日からまた日常を始める。何かを埋没させて流れに身を任せようか。

心のINPUT/OUTPUTに激しく制限をかけています。処々に迷惑をかけていると思われますがご容赦のほどを。

2001.11.28

昨日までいた長岡から比べると東京の青空乾燥した空気は詐欺のようですね。裏日本という呼称は確かに真実をついているなと。たとえ大陸に向いていようと気候の差だけで軍配を上げたくなってしまいます。そのかわり食べ物とかは格段に日本海側のほうが美味いような気がしますが身内びいきでしょうか。特にお魚はね。

森博嗣まどろみ消去」読了。この日記に最初に話題にした本です。考えてみるとそのときも長岡からの新幹線の中で読んでました。まぁ短編集なので時間が置かれてもさしたる影響はなし。森氏の短編は長編よりもよりソリッドになっているので意図を読み取るのが大変です。最後の短編「キシマ先生の静かな生活」は最後の数行が恐ろしいくらいに磨き上げられている。4Hくらい堅い芯の入ったシャープペンシルを真っ白なケント紙の上で回し引きして正確に引いた直線のよう。単なるユーモラスな佳作と思っていたら見事に作者に切って捨てられました。この短編集の中でのお薦めの一品でしょう。ちなみに私が常用していたのは2H。堅い芯で筆圧強くカリカリと図面を描くのが数奇でした。そのせいか未だにマウスも多少抵抗感のある動きの方が数奇です。

高松常駐友人Hd氏から電話。「孤の集住体」を購入したいが出版社がわからないとのこと。住まいの図書館出版局発行/星雲社発売ですね。ここの本は高いですがしっかりした造りの本が多いのでお買い得感があります。最初に買ったのは確か高松伸僕は、時計職人のように」でしたか。ドローイングが素敵です。この書名見るとつい「おぉきなのっぽの古時計、おじいさんの時計」と連想してしまいます。それにしてもちょっとした販売促進委員ですね。マージン代わりに本が欲しいなぁ。

土曜日のイベントに間に合うようにあるものを探していましたがようやく検索完了。尊敬するKK氏のものを探していました。土曜日に間に合うでしょうか。ものは何かは土曜日以降。

2001.11.29

あっ、自分で2000ヒットの切り番踏んじゃった。自分で仕掛けたトラップに引っかかるゲリラのようなものでしょうか。

天気は崩れだすと言われてましたがその割りに暖かく思わず久しぶりの外ランチ読書も屋外の方が気分よい。それで理解力に差があるかどうかはさておき。

今日は仕事終わってから前の事務所に。22時過ぎに訪れても賑やかなのは流石アトリエ系設計事務所(苦笑)。J邸のための照明器具のチョイスです。主にY社D社のものから。カラーコピーを借りました。24時近くになっても仕事は続いています。相変わらず忙しそうですね。来春からはルーキーが新たに参戦するそうで。まぁきっと状況は変わらないと思いますが。それがアトリエ系設計事務所(苦笑)。

ラジオでスガシカオの新曲がかかっていました。あの鈴木光司原作のホラー映画の主題歌だそうで。ホラー映画って見ないんですよね。貞子シリーズも小説ははまってエヴァンジェリストになりましたが映像作品は一本も見ていません。怖がりさんですから(可愛くないぞ)。

2001.11.30

母校のM教授の最終講義の案内が来る。そうかもうそんなお歳だったのですね。担当教授というわけではなかったのですが一応修士論文の副査になっていただいたこともある教授なので時間を調整しましょう。そろそろ来年の手帳を買わなきゃ等と思ったりして。

今日は出稼ぎ仕事の合間に家具図面を描いたりカタログ請求をしたり電話したりとバタバタ。

キッチンメーカからカレンダをいただく。数字のみでシンプルなもの。こういう書きこみ可能なものが実用性が高くていいんです。メーカ名も慎ましやかに隅っこだし。カレンダをもらうようになると年の瀬が迫ってきているんだと認識してしまいます。インテリアとして飾るものとしてはエレベータO社、照明N社、衛生陶器T社あたりでしょうか。昨年高松常駐先輩N氏からいただいたデザイナM氏のものは素敵でしたね。いや要求はしてませんがね。。。

ジョージ・ハリスンがお亡くなりになったそうで。ふーん。テリー・ギリアムのバンディッツQ(TimeBandits)という佳作の主題歌で使っていたオブラディ・オブラダが数奇でした。まぁこの映画が数奇だったので吊られて数奇だったことは否めませんが。坊主数奇なら袈裟まで数奇だってとこでしょう。

夕方下田在住友人S氏より電話。なんとか捧げものが間に合ったようです。なかなか対応が早くていい会社なり。さぁ明日はパーティだ。

[past sync days]

[2001] [2002] [2003]

back