go to brand-new diary

past sync days : early june 2011

june theme :We Work The Black Seam / Sting

_2011.06.01[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

一昨日朝から夕方まで立ちっぱなしだったので腰痛が酷い。一度起きるがダウンして横になる。やれやれ。

シップのお世話になって少しは動ける様になる。やはり無理の利かない歳になったのねと再確認。

天気もすぐれず。ぐずつく天気も腰によくないと擁護してみる。午後銀行等に巡りに外出。出た途端に顔に水気を感じる。急いで自転車を漕いで用事を済ませる。

ああ、そう言われても。。。

夜終わってからサッカー代表戦をやってることに気がつく。ドローだからまぁいっか。次のチェコ戦は見たいなぁ。

夜の思考は袋小路に入りやすい。思考の迷路

「人間にとって最大の贅沢とは、人間関係における贅沢のことである」サン=テグジュペリ「人間の土地」より。そうすると人間関係の貧困は人間に取っての最大の不幸かもしれない。前にも進めず後ろを振り返るのも困難。

「ライ麦畑でつかまえて」森見登美彦超訳版は読んでみたいな。

_2011.06.02[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

ため息10%増量中の朝。こういう肌寒くシトシト降りのときは何を着て出ても失敗に感じられそうだ。

午前中打ち合せ。うちの近所から阿佐ヶ谷までの直通バスがあるのはいいのだが3本/hなので細かい時間は読めない。普段でさえ遅れ気味なバスが雨降りでますます来ない。バスって遅れているといま来たバスが定時がいつだったのかわからなくなる。

阿佐ヶ谷K邸にお邪魔する。ちょっと外壁が汚れてきているのと多少の不具合の修繕の相談。吹抜けのガラスシェードを複数吊ったペンダント照明が3.11の地震で割れたのには参りました。ちょっと考えなきゃいけませんね。

K邸のあとそのまま五日市街道方面を目指すが、途中で急に予定が変更になってしまい引き返す。途中住宅街の中に花が咲き繁る原っぱをみつける。いつまで持つかわかりませんが、こういう存在がエアポケットの様にあるのも悪くありませんね。

中越地方で震度5強の地震とのことで慌てて実家に電話する。震源は十日町とのことで長岡はそれほどでもなかったみたいです。よかったけど3.11直後の長野県境での地震の余震らしい。まだ来るのかもしれません。

吉祥寺で消耗品を買い出ししたあと、なんとなく歩いて帰ることに。約5km。雨音聴いて歩くとその間は気が紛れる。

車の保険某M社対応よろしくない。挽回ないなら秋には変える。

少し前進かもしれないと感じますがまだまだ長い目が必要です。

_2011.06.03[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

昨日の雨が止んで天気がよくなってきたので今日は散歩に出る。雨の残りか朝露か。路面は乾いているので爽やかな朝。既に農作業している人もいる。何時くらいから起きているのかしらん。

朝一で仕事場の掃除。雑誌の類も徐々に捨て始めているので少しずつだけど片付いている。まだまだですが。。。

某所からの依頼。デザインコンセプトを含めいろんなものがなし崩しになっていくのは好きじゃない。でも微調整でやり過ごすことに。これ以上の変化はもう一度見直しにしたいものです。

進んだかと思えば後ろに向いていたり。そんなことも多くあります。

胸の痛みで数時間ダウン。なんとか治まるが今日はこのまま寝ることに。

_2011.06.04[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

真夜中の地震。福島で震度5。でも最近直下型じゃないと慌てなくなっている。それはそれで良くない。そして明け方には鳥取で地震だったとか。。。

昨夜はダウンしたので今日は早起きしてウォーキングに。爽やかである。今日は街道を西に。あっという間に23区から都下西東京市に。境なんですよね。やはり朝体を動かすと調子はいいみたい。

午前中は溜まった雑誌を読破。ラグマットの上で本読んだり、大の字になってみたり。風がそよそよと吹いていてとても気持ちがいい。

上手くものごとが回らないことの多くは自分のせいなので。責任転嫁せずに生きていかなきゃ。

ポートフォリオ出力してばっかりの今日この頃。続けて作文にかかる。クライアントのライフスタイルを想像してアピールは結構難しい。

某案件は1/12か。。。

_2011.06.05[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

ちょっと曇りだけど軽くお散歩。日曜の朝は中学生の朝練登校の集団に会う。妙に元気で微笑ましい。途中でなにやら人懐っこいネコに出会う。擦り寄ってきてコロコロと転がる。撫でてやってから別れる。ちょっと嬉しくなる。

午前中から作文。なんとか仕上げて今日中にポートフォリオを発送したい。午前中で作文終了。午後まで寝かせていいようだったら出力して提出しよう。

昼すぎ頭痛でちょっと一休み。ズキズキ。。。

夕方作文出力してポートフォリオとともに発送。施主の目につきます様に。

夜から雨。一気に土砂降り。雨音が激しい。

明日の打ち合せ場所をチェック。足立。舎人ライナーって聞いたことあるけど乗るのは初めての気がします。

_2011.06.06[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

今日は足立の家具工場行って製作家具の塗装チェック。その後現場。足立遠いな。。。

大泉学園から池袋経由で西日暮里へ。ここで初めて乗る舎人ライナーに。モノレール?効果でずんずん北へ。途中荒川を越えると遠いなと感じる。某駅に到着。ここからテクテク15分。日差しがキツい。

家具はほとんど出来ている。塗装屋さんにサンプルを出してもらいながら着色塗装。木の吸い込みでムラが出るのでいろいろトライ。昼を跨ぐ作業。職人さんにいろいろ教わる。知らないことが多いなぁ。

昼一になんとか目処がついたので笹塚の現場に向かう。小一時間はかかるのよね。

現場は既にサッシュはついて間仕切りスタッドもほぼ終わろうとしている。細かいところの詳細を監督さんと詰める。いくつか宿題を抱えて撤収。工期も早く進んでいて満足である。

帰宅後気がついたら鼻と両腕が日に焼けて真っ赤。日中外に出ていたからな。紫外線強いのよね。。。

1/20の競争率か。。。

_2011.06.07[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

今日は家中が早起き。長男K氏が移動教室で日光に向かうので早く出る。震災の影響で開催も不安視されていましたけど実行されてよかった。

ウォーキングしなくても午前中が長く感じる。早目に仕事にかかる。日塗工の色見本をチェックするなど。

MLに単なる一言挨拶を流さないで欲しい。ノイズ多いぞ某ML。

スカイツリーの展望台一人3000円ですか。。。東京タワー1420円と比べると仕方ないくらいかなって思うけど、オープンからしばらくは相当の混雑でこの値段と思うとちょっとぐぬぬ。しかも最初は予約のみで+500円って足下を見ている。随分と高いところからの足下見だ。

いろいろネットをチェックして明日の予定を決める。ふむ。

今日はサッカー代表戦を最初から見られる。vsチェコ戦。前半は面白みがない。後半になって日本が徐々に躍動してくる。惜しいシーンもあったがチェコのディフェンスが堅い堅い。あのGKからは得点出来る様な気がしない。結局スコアレスドロー。キリンカップも珍しい三ヶ国全優勝って。。。

_2011.06.08[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

散歩にでようかどうしようか迷う朝。よし行こうという段になって外を見ると霧雨。敢えなく断念。。。

昼前にお出かけ。長男K氏が移動教室に行っているので家人M氏をねぎらうために温泉に行くことに。平日昼間は混雑もなく。するすると移動出来る。東名から厚木で小田原厚木道路に乗り換えて西湘バイパス経由で135号線に。あっという間に熱海に到着。急勾配の坂を上り詰めて行く。

MOA美術館到着。噂の遠大なエスカレータに乗って美術館に到着。まずは秀吉の金の茶室。これは極めた悪趣味で凄い。ある意味ほれぼれとする。そのまま企画展の竹内栖鳳と板谷波山展に。まったく知らない作家さんだったのですが、これがなかなかによろしい。特に竹内栖鳳の鳥の表現に惚れる。そこからは怒濤の常設展。あまり系統だった展示ではないが中身がいろいろ凄い。レンブラントやモネがわりと無造作にあったりして。興味深いけれど芯は通っていないのかな。でもそれも面白かったりする。閉館まで滞在してみる。

熱海からちょっと離れた網代温泉に向かう。昨日予約を入れた旅館に到着。結構疲れたので取りあえずお風呂に。海を望む露天風呂で風に吹かれながらほうける。

海の幸をいただき、真夜中の露天風呂で潮騒を聴き、お酒を飲んでぐったりと瞬眠する。

_2011.06.09[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

今日は潮騒の音で早起き。そそくさと露天風呂に行く。今日は霞んでいて景色は良くないけど風呂と海の境目がなくなるような場所なので気分がいい。しばしボッとする。

何故旅館の和定食ってこんなに美味いのでしょうか。焼きたてのアジの干物が美味し過ぎます。

午前中起雲閣に行く。熱海の別荘を起にした和洋の折衷建築。ちょっと前まで旅館として営業しており、幾多の文豪が執筆活動を行ったらしい。大正のモダン建築と和建築が美しい庭を囲んで建ち並んでいる。庭を眺めながらぐるりと巡って行くと落ち着く場所である。高層の建築ではなく周囲のマンション群が背景に見えてしまうのが残念であるが建築の質は高く感じる。庭先で紫陽花祭をやっているのも良かった。

軽く昼をいただいてから湯河原方面に。不動の滝見学。途中の温泉街が風情がある。滝はこじんまりとしつつも竹林と紅葉が目立つ緑に囲まれている。渓流のせせらぎの音が気持ちいい。すぐ脇には温泉の源泉があるらしく、渓流にも温泉が流れ込んでいたりするらしい。

車で再び網代へ。干物の商店街があるのでチラチラと眺めながら買物。やはり震災の影響で客足がまったくないらしい。持参のクーラーボックスに詰めてお持ち帰りに。

135号沿いみかんの小売りをしているお店に立ち寄る。甘夏等メジャーなものの他に聞いたことのない柑橘類が並ぶ。柑橘類も種類多いですからね。試食させてもらって購入。買ったそばから品種名を忘れてしまう。。。

夕方になったので熱海市内の立ち寄り湯にて汗を流す。ちょっとしょっぱいナトリウム泉は湯量も豊富である。湯上がりに座敷で風を浴びるとちょっと眠くなる。

不動の滝に行く途中のお店で海鮮中心の夕食を。きんめの煮付けがおいし過ぎます。運転があるのでビールが飲めないのが心残り。

お店で近くでホタルの宴をやっていると聞く。万葉公園という場所で毎年この時期に放流しているという。ちょっと上流へ行き徒歩で公園内に。放流場所には数知れぬホタルが光りながら飛び交っている。儚く実に美しい。これだけのホタルを観るのは初めてです。川伝いに下流を散策。川沿いの所々にホタルが群れて光っている。偶然とはいえいい時期に来たものである。

帰途につく。渋滞もなく2時間ほどで帰宅。流石にちょっと疲れているので早目に就寝。

_2011.06.10[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

疲れているのかだるい朝。そそくさと準備して笹塚へ向かう。

案件Kの現場は順調。そろそろボード張りを始めている。今日は施主G氏が視察にくる。細かいところの追加工事などをその場で決めていったりする。実際出来てこないと棚の大きさとか枚数とかイメージしにくかったりするんですよね。概ね問題なく進行。他のテナントよりも整然と進んでいるのが素晴らしい。昼頃に撤収。上野に向かう。

東博にて写楽展観賞。写楽の浮世絵約140枚以上を展示する展覧会。今までつぶさに観てこなかった写楽ですが時代と芝居毎などによる展示はわかりやすく面白い。同時代の同じ役者で違う作者の浮世絵の比較も面白い。写楽って規格外という感じですね。版や保存状態による比較展示も興味深い。繊細なものなので退色による印象の違いは大きいものですね。観ていくと外国の美術館からの借り物が多く、如何に流出が多かったのかがわかりますね。そして何気に歌麿の美人画の艶っぽさに驚かされる。

一休みして隣の手塚治虫のブッダ展観賞。正直中途半端な印象。映画が企画の始めだったのでしょうが、そこからの発展を感じなかったかな。もっと各地のブッダ像の比較とか欲しかったかな。そして特別展よりも常設部分の仏像の方がいいものが多かったりする。まぁ東京国立博物館の収蔵品は半端じゃないですけど。

長男K氏日光の移動教室より帰還。ばてばて。今にも眠りに落ちそう。クロスカントリーが効いた様です。まぁいい思い出にはなったでしょうね。

_2011.06.11[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

ブラタモリのシーズン3の告知が出る。やるだろうとは予想していましたが、正式に出ると嬉しいですね。

午前中はバタバタとしつつも成果が出ない。そういうときもあるさ。

黙祷。それぞれの三ヶ月。

J1第14節。アルビレックス新潟はホームにてサンフレッチェ広島と対戦。0-1の惜敗。攻撃が噛み合ずそれでも凌いでおきながら最後の最後で失点。うーん。流れがよくありませんね。FWに強い一枚が欲しいのですが。これからU22代表が3人もいなくなるのが厳しい状況です。選手層の薄さが切ない。。。

夕食過ぎに頭痛。ちょっとダウン

今更な言い訳をすることの意味について考える。結局それって自己満足なだけではと。でも言い訳せずにはいられないのも確か。そして煩悶し続ける。

_2011.06.12[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

早起きして雨上がりのお散歩。ネコの出迎えはなかったけど雨に濡れた植物を観察して歩く。

午前中に長男K氏とお出かけ。某中学校の学祭見学。K氏の好みで理系文科系クラブ中心に回る。懐かしいね。大学の学祭ともまた違った雰囲気。でもやはり東京でしかも最近の学祭って違うとも感じる。結局午前中一杯見学。軽く食事して帰宅。

黄昏時は誰そ彼時。他人だけではなく自分さえ見失いかねない危うい時間。

栗本薫「ヒプノスの回廊―グイン・サーガ外伝22」読了。とうとう読み終えてしまいました。14歳の時に巡り会って以来読み続けた小説世界に幕が降りました。終わることのないはずの物語が終わってしまったのですね。最後にトーラスのオロ家族の話が読めて良かった。グイン・サーガの魅力の一つはこの市井の人々の逞しさ正直さにかかっていましたから。これから新しい書き手も出てくるとのことですが、少なくとも栗本薫のグインはこれにて閉幕。やはり栗本薫の死の喪失感は大きかったな。合掌。

_2011.06.13[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

早起きしても外は雨が上がったばかりの様子。ちょっと悩んでコンディション悪そうなので散歩には出ないで読書。

電話の向こうとこっちでサンプル見ながら素材談義。テレビ電話が普及しても質感だけはなかなか伝わりにくいでしょうね。

イラストレータでライブトレース祭。筆文字の処理に苦戦する。

夕食後に静岡で買ったニューサマーを食す。とても美味しゅうございました。調べてみるとニューサマーって日向夏とほぼ一緒のものなのですね。湯河原辺りの道路端の農家が売っていたのを買ってきました。試食しまくって美味しいのを選んできたんですが、やはり宮崎も静岡もみかん王国ですね。

HOSEI 55/58年館Tシャツデザインコンテストの結果が発表になりました。 大江宏設計法政大学55/58年館の保存運動の一環です。

_2011.06.14[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

散歩出来る天気だけど打ち合せ早いので出かける準備の朝。

笹塚現場に向かう。今日は開かずの踏切が猛威を振るう。10分以上はバスは動かず。座っていたので助かりましたは急いでいるときならたまらないでしょうね。

案件Kの現場は順調。室内は腰壁の施工が始まっているのでそれらしい雰囲気が出てきている。厨房は防水上の押えコンクリート打ち。少量で搬入路の関係で今回はネコ(一輪車)による人海戦術。見ているだけで腰が悪くなりそう。材料決めもほぼ完了して残りの部分のイメージをして現場をウロウロ。昼すぎに撤収。

新宿に出て長男K氏の誕生日プレゼントを探る。帯に短したすきに長し。コレと言うものがなかなか見つからず。それでもなんとか候補をメモして新宿退却。

年々難しくなるプレゼント。それが成長の一端なのかも知れませんが。

_2011.06.15[2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010]
 

今夜というか明朝皆既月食があるらしい。それも皆既月食のまま月が没するという「月没帯食」という現象らしい。でも早朝4時22分って。。。

早起きするも頭痛と腹痛の両面攻撃で小一時間ダウン。二度寝ではありません。 繰り返す、これは二度寝ではない。

ナタリー・ポートマンが男児出産。。。いや、別に、なんでもないの。泣いてなんかないから。。。

ネットでの建材カタログは推進していいからもっと見やすくしてくださいな。今のじゃ探せませんよ。

いい機会なので言い訳をするメールを出す。出すまで悩む。悩んでもしょうがないので出す。出した直後に後悔する。不毛な言い訳です。こういうのはある種の未練ですね。Sigh...(ため息)

迷走か瞑想か

J1第15節。アルビレックス新潟はアウェイにて名古屋グランパスと対戦。0-4の完敗。なんも言うことありましぇん(涙)。U22代表いなくなったとかということでなく得点できなきゃ勝てません。あーあ。新潟の負けでますます気分が塞がる。。

夜綺麗な満月。しかし零時近くなると朧月を通り越して雲間に隠れる。こりゃ月蝕見られないな。

 

<< [past sync days] >>

[2001] [2002] [2003] [2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010] [2011]

home