go to brand-new diary

past sync days : early november 2006

november theme :水色の調べ / 安藤裕子

_2006.11.01 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

そして霜月の始まり。あと2ヶ月でどの位できるか逆算必須な時期ですね。

午前中からスタジオで雑務とCADを交代しながら進める。焦りつつもカリカリカリと。

夕方都心へ向かう。ガラガラの西武線に乗るとなんとも異和感を感じる。四谷TANAHLOTにて大学同期の友人と飲み会。早めに飲もうなんて話もあったのですが結局皆ギリギリorノビノビの時間。バリ料理は適度に辛くて美味。しかし少人数ながら気の合う仲間との飲みは馬鹿話に終始。それも悪くない。それでも横のネットワークをちょっと伸ばそうと方針を決める。早めに帰ろうと思いつつもいつもの時間になってしまう。。。

帰宅後仕切り直して夜なべ仕事にかかる。

_2006.11.02 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

本日は赤坂行。早起きして一仕事してから東へ。

天気がどんよりとしている。歩いている途中で何度か水滴を顔に感知する。でも雨にはならない。実に中途半端で気分が悪い。降るなら降って欲しい。降ったら降ったで文句が出るんですけどね。

赤坂某社にて打合わせ後にちょっと作業。連休前で浮ついた雰囲気もあるが締め切りを突きつけられているグループは目を三角にして殺気立っている。今回は関係ない私はツラツラとマウスを揮う。しかし予想以上に作業が遅れてしまい、考えていたイベントには不参加。さらに開場時間が遅いギャラリーも間に合わなくなる。仕方がないのでため息ついてマウスを揮う。

2000時に撤収。書店を冷やかすが目的のものは見当たらず。ぴあを買って退散。帰ると健康診断の案内が届いている。なんとなくちょっとガックリとする。

_2006.11.03 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

長男K氏の学校の行事で午前中から大泉方面に向かう。創立記念日で菊祭と銘打っているが、今日はいうなれば収穫祭みたいなものである。児童が作った野菜を縦割りのグループで味噌仕立てのお汁をつくるというのがメインイベント。

正直小学生が炊事をやっているのを端から見ることほどハラハラさせられるものはない。もちろんK氏のような低学年は野菜洗いと運搬係という程度であるが、高学年の子達の包丁使いや火を使っている端での悪ふざけや衛生状況など心配の種は尽きない。しかしそれでも中には手慣れた包丁さばきの女子などがいると家庭環境が伺える。もちろん極々少数なのでもっぱら鍋への食材投入を見ているだけで落ち着かなくなるのです。ああ、元ボーイスカウトとしての血が騒ぎます。。。

昼食後は児童の育てた菊の鑑賞会等。K氏の小菊は夏休み中に病気にかかってあえなく枯れてしまったので気楽に上級生の子供達の作品を眺める。やはり毎年育てていると立派に育てられるものですね。継続は重要ということで。そして立ち続けで終わる頃にはグッタリ。

帰ってから如何に自分たちが煙に燻された存在かがわかる。コートには取りあえずファブリーズしてみるがどうなることやら。時間が経ってもなんとなく部屋は焚火臭くなってしまっています。やれやれ。

夜はCADで夜なべ仕事。カリカリカリと夜は更ける。

_2006.11.04 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

本日はお疲れが溜まっている様なので休養日認定。転寝三昧。zzz。

午睡後に長男K氏のお絵描きにつき合う。だらだらと絵筆を紙に動かしていると、いろんなことを考えたり考えなかったり。出来上がりはわけのわからんものであるが有効な時間だった気がする。

天皇杯4回戦アルビレックス新潟vs徳島ヴォルティスは2-0で快勝。J2最下位の徳島なので負けるわけにはいかなかったので完封勝ちして何より。次は12月ですか。千葉と札幌の勝者となので対戦相手なのですが,千葉は勝ったことないんですよね。ふう。

夕方電気量販店に消耗品を買いに出る。K氏も同行するが途中で車のフロントに雨粒。あっという間に雷雨。サクサクと買い物を済ませて帰る頃には小降りに。それにしても携帯電話のキャンペーンがかしましい。auに変えたいとここであるが、現行機種にイマイチお気に入りがない。AS5522SAにオレンジ色があるかWIN携帯だったら検討するですけどね。今の携帯が持ってくれるなら次期機種待ちですね。

ニュースで今日が一の酉だと思い出す。そういえば西武新宿の駅に熊手がディスプレイされてましたね。今年は三の酉まであるそうなので火の用心火の用心と。

_2006.11.05 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

午前中はゆるりと過ごす。図書館へ本の返却等に出かける。休日なのに妙に図書館に人が少ない。天気も悪くないので行楽にでも皆さん出ているのでしょうか。

昼過ぎに六本木方面に車で出る。そして道も妙に空いている。上りも下りも渋滞が見かけられない。サクサクとAXIS近くの駐車場へ止める。飛ばしていないのに1時間ほどで到着。ま、いいんですけどね。

吉岡徳仁展「スーパーファイバーレボリューション鑑賞。街が閑散としていた分会場の人の多さに圧倒される。しかしそれ以上にインスタレーションに惹き込まれる。これは凄い。広いとは言えない会場に点在するパンの椅子 PANE chair と白い繊維の山。そして壁に作られたストローの壁。まさに雲海。捕らえ所のない白い物体に取り囲まれた空間とひしめき合う人とのギャップが際立って見える。さっそく長男K氏は PANE chair を堪能している。私も着座して感触を確かめる。柔らかいが腰があって見た目よりも硬い。座り心地という面では他にいくらでも気持ちいい椅子はあるでしょうが、それとは別の存在感がある椅子だと感じる。

透明ストローのインスタレーションは捕らえ所がない。蜂の巣(ハニカム)が一番近しく感じるが、覗き込んでも奥が捉えきれない。波打つ様は流動体の様な個体の様な。いままでも線材を積層して小口方向を見せつつ奥行きを持たせたような作品はありましたが、透明なストローの素材感が秀逸。K氏気になるらしく張り付いて突っついている。意味もなく気になる存在って凄いですね。ショップ部分では吉岡氏御本人がサインがてら売り子(笑)をされている。アイデアに関心して撤収。触感と視覚についてちょっと考えさせられる。

六本木からさらに南下してお台場に。K氏のリクエストで大江戸温泉物語に行く。我ながら風呂好きな一家である(苦笑)。塩気のある温泉をゆるりと堪能。暗くなってから露天風呂に入ると上空には満月。雲はあるものの冴え冴えとする月は美しい。昼間のインスタレーションの雲と合わさりいろんな事が思い浮かんだり浮かばなかったり。

_2006.11.06 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

長男K氏は創立記念日の代休。しかし天気もぼんやりとしたものなので出かけることはない。そして私はスタジオでCAD三昧。

東の方の友人からメール。いい知らせである。私には直接関係はないがそれでもいい話はいい話。ニコニコ。

AFCユース選手権で日本代表がサウジアラビアに2-1で勝利。これで来年のU-20W杯出場権獲得とか。またしても新潟のFW河原が得点。大変喜ばしい。それにしてもインドの芝って酷過ぎませんか?

滝本竜彦「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」読了。先日読んだ「NHKにようこそ! 」よりも小説として面白い。青臭さの香りがなんとも歯がゆく鼻の奥がツンとするような感触。それにしてもこの年齢で何故こんな青春小説読んでいるんだろうか。。。

_2006.11.07 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

本日は赤坂行。夜中に降っていた雨のお陰なのか、空気に透明感を感じる。数奇なシーズンが近づいてきた実感。

昼前から南風が強くなってきたようである。赤坂某社の南側隣地には以前よりも高いビルが建設中であるが、配置的により近くに建てられている。そのためなのか風切音が激しくする。本格的な北風シーズンにはもっと大きくなる様な予感。東京はこの程度であるが、関西では木枯壱号、北海道では竜巻で死傷者まで出る被害。これまで日本ではあまり竜巻による死傷者や損壊はなかったのですが、これも一種の異常気象なのでしょうか。

本日は南西方向よりちょっといいメール。出来上がりが楽しみですね。

昼は南風の影響で暖かかったのですが日が落ちると急に冷え込む。2240時に赤坂を撤収する頃にはアーミーパーカではちょっと肌寒く感じる。考え事をしながらの帰途は目線も下向き。ふと天に目を向けると星空。これからもっと星の光が強く感じられる季節。

_2006.11.08 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

真夜中のエコ研HP更新。

本日も赤坂行。ぐっと冷えこんで参りました。そのせいかはわかりませんが、朝食後胃が落ち着かず。寝不足なのか風邪気味なのか俄には判断できないがオチオチしていられないので無理して出かける。午前中はしゃっきりしないがちょっと昼寝をすると多少復調。結局原因判明せず。

昼時に昨日の竜巻の話。たまたま昨日北海道に出張に行った人がいるので北の天気の具合等を詳細に聞ける。果たして竜巻対策へ国は予算を割くべきなのでしょうか。難しい問題です。

CAD仕事をこなした後に模型にかかる。1/300スケールがクライアントに好評だった様なのだが、製作する都合からすると割り切れない数値が多くなるのであまり歓迎できない。それでも時間と精度を摺り合わせつつアップする。2220時撤収。

_2006.11.09 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

本日は乃木坂行。天気がよいので駅までの足取りも軽い。しかし人身事故の影響でダイヤは狂いまくり(凹)。なんとか新宿まで辿り着き丸ノ内線に乗り換えるも、こちらも何故かダイヤが乱れている。なんとか乃木坂到着。

ギャラリー間タッチストン 大橋晃朗の家具」鑑賞。夭逝の家具デザイナ大橋晃朗氏の回顧展である。活動期間も短かったために現在ではあまり有名とは言えない大橋氏であるが、活動後期がちょうど自分の大学学部生の頃と重なり、亡くなった後にSDを観て驚かされた記憶がある。元々家具には詳しくなかったが友人U氏の薫陶で知ったデザイナの一人でもある。もちろん実作自体もいままで数点しか見た事がなかったためにこの展覧会は正直大変ありがたい企画であった。

開場早々に入場したのでほとんど貸し切り。ほとんどの椅子が着座可能なのが嬉しい。椅子はやはり座り心地が重要なファクタなので柔らかさや硬さで印象も変わった来る。なかでもフロッグ・チェアが考えていたよりも重く硬いのに驚かされる。脚部に仕込んだガスダンパで揺れ動くドローイングが有名なのでもっとユラユラとしたものかと思いきや、軽い人間ならほとんど動かないのである。自重のある私でも一度沈み込むとそれ以上は動かない。ちょっと期待外れ。しかしハンナン・チェアトーキョー・ミッキー・マウスは予想以上に座り心地がよいのが嬉しかったりする。キャビネットも展示されている。個人蔵ということもあり、引き出しを開けた時のナフタリン臭にちょっと故人の作だという事実を思い浮かべたりする。

実は初期の木地箱のシリーズはちょっと憧れて真似たものを作ったりもしている。また現在も使っている桜材の卓は木地箱などを作製した青島商店に発注したものだったりする。依頼しに行ったときに青島氏といろんな話をした事を思い出しもした。そんな青島氏も数年前にお亡くなりになっている。なのでどうしてもこの展覧会には個人的に死のイメージを感じていたりする。初期の歴史的なものからの引用、さらにイメージ溢れたカラフルな家具、そして収束しつつあるデザインモチーフ半ばにしての終焉。大橋氏が現在も活躍されていたらどのようなデザインをしていたのか。先日の吉岡展などと対比しつつちょっとシミジミとさせられるのです。

お昼近くに撤収。乃木神社に参拝してから赤坂方面に下りて行く。コンビニでサンドイッチと炭酸水を購入して公園にて青空ランチ。天気もよく肺の中の空気の入替えをする様に気分を強制交換する。つくづく天気は偉大で人は影響を受けやすい存在だと確認。

午後一から赤坂某社にてお仕事。いろんなスケジュール調整とともカリカリとこなす。来週からまた先を見たスパンで調整を余儀なくされそうです。

帰途武蔵関に降り立ってから天空を見上げる。オリオン座を確認。初冬といってもよさそうですね。

_2006.11.10 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

午前中鍼灸院に肩腰の治療い行く。マッサージのついでに先生に腰に負担のかからない腹筋の鍛錬法を聞く。実際にその場で3セットほどやってみるがキツいキツい。でも効果がありそう。ちょっと継続してみましょうか。

昼は久しぶりに上石神井までラーメンを食べに出る。天気がいいとランチでも足を伸ばしたくなるという法則(嘘)。

しかし午後になってから揉み返しで腰を中心に怠くなって何も手につかなくなる。さらに頭痛も併発。ぐったり。風呂に入って体を温めると多少良くなるも全快にはほど遠い状況。早めに就寝する事にする。

_2006.11.11 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

20061111と1の四並びの日。五年後の20111111が楽しみになってくる。

小雨の中鍼灸院へ。どうも昨日の揉み返しでぐったりきている。雨の影響か人も少なくみっちりとマッサージしていただく。これで回復したのでしょうか。様子見ですね。

昼過ぎに長男K氏と水彩画を描いて遊ぶ。お題を決めて下描きもなくぶっつけで挑む。最初のお題は秋の山。紅葉と黄葉と常緑。ただ色を無心で重ねていくのが楽しい。出来上がりに不満が残るも気にしない。水を吸ってボコボコに歪む画用紙もこれはこれで楽しい。次のお題は先日拾ってきたという松ぼっくりを見て描く。シャシャと筆を流していく。人に見せられる様なものではないけど手の遊びとしていいものである。

J1第30節ジェフユナイテッド千葉vsアルビレックス新潟はアウェイで1-3の快勝。ようやくジェフに勝利。これでJ1チーム全てからようやく勝ちを取ることが出来ました。数字上も完全に残留を確定させて順位も9位に。残り4試合で今年の目標7位というのも十分狙えそうです。楽しみ楽しみ。

_2006.11.12 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

午前中からスタジオの北側サッシが乱暴に風からノックされている。どうやら木枯壱号らしい。昨年と同月同日ですね。

午後一で大泉学園方面に向かう。自転車で出かけるが、木枯をもろに受けて進まない進まない。それでも渋滞する車の脇をガシガシと進む。随分間が開いてしまったが久しぶりに髪を切る。未だ美容室ジプシーとして気に入った店を探している最中。今回も悪くはない。悪くはないけど決定打に欠ける。しかし何を持って評価軸としているかがアヤフヤなので果たして決められるかどうかというのも怪しい限り。それでも髪を切って頭が軽くさっぱりするだけでも気が楽になる。

帰りしな目についた玩具店でレゴの4415 Auto Podを見つけたので購入。このシリーズは小さなカプセルに入ったパッケージングもかわいらしく好きなものである。あと4417だけで終わってしまうのがちょっと哀しい。

夜はAFCユース選手権決勝戦。ギリギリと歯がゆさがつのる展開。アルビの田中亜土夢もよく走ってよく守って頑張ってくれましたがPK戦までいって残念な結果。でもまだまだU-20W杯が来年にあるのでそこで雪辱でしょう。それにしてもPKまでいくと見ている方もグッタリです。

_2006.11.13 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

真夜中にプリンタのインク切れ。むむむと唸りつつもamazonで発注。そろそろプリンタくんも主役の時期ですからね。

本日は赤坂行。さらに冷え込みがぎゅっと進んだ様な朝。服の選択に困る季節。

昼は赤坂某社の派遣スタッフH氏が辞めるというのでお昼を一緒にする。朝方の冷え込みも回復して小春日和。近所の割烹で四方山話。そのまま某カフェに行くがあまりの煙さに辟易。最近は禁煙のカフェが多いので喫煙可の場所に一極集中しているのかも知れません。H氏とはまた機会があったら昼でも一緒にとの約束。そういえば最近赤坂のお昼探検もしてませんでしたね。

2200時赤坂撤収。コートを着ている隣に半袖のガタイのいい白人さんが並んでいる。人種の違いをとくと感じる。

_2006.11.14 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

夜なべ仕事でエコ研HP更新。

本日も赤坂行なり。今日は気温が高く感じる。いわゆる小春日和、Native American Summer というヤツでしょうか。

ガシガシと模型を作る。で指先を切りまくる。空気の乾燥のためなのか何度も切るためここ数日バンドエイドが手放せない。紙で切るとなんとも痛痒い。紙の断面はカッター等と違って鋭利ではないからでしょうかね。気をつけつつもまた。。。

どうも某所の状況があまり良くない方向に進んでいるようで、関係者一同頭を痛めている(謎)。煩雑なことが増えていくのは好ましくないのですがどうなってしまうのでしょう(凹)。

2220時撤収。帰宅するとamazonからプリンタのインクカートリッジが到着している。さっそく交換。使用済みのカートリッジはベルマーク運動に使用できるので取っておく。こういうことはもっと周知させておいて欲しいものである。

_2006.11.15 [2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

本日も赤坂行なり。そして晴天也。

などと呑気にしていてはっと気がつくと外が暗くなっている。そして午後になるといつの間にか雨。しかし外に出ていないと雨音も雨の匂いも感じない。ただ窓外の雰囲気と外出戻りの人の傘の湿り気のみ。あまりよろしくない状況。

夜はアジア杯予選サウジアラビア戦。仕事しながらなのでネットで文字速報のみという哀しいシチュエーション。それでも3-1で快勝誇らしい。これで新潟の選手も代表に選出されているともっと嬉しいのですが。そしてその同じ頃北方領土の遥か北で地震があったらしく津波警報が発令されていたらしい。

2140時に撤収して雨上がりの街を帰宅。しっかりと息が白い。帰ってからメールチェックをすると北の御意見番T氏からメールが着ている。津波警報で避難勧告が出ているらしい。結局津波も酷いことにはならずに収まった模様。しかし文字だけでも避難勧告なんて聞くとちょっとドキドキする。

夜は紙のお仕事を少々。

[past sync days]

[2001] [2002] [2003] [2004] [2005] [2006]

back