go to brand-new diary

past sync days : early november 2005

november theme :天体観測 / Bump of Chicken

_2005.11.01 [2001] [2002] [2003] [2004]

霜月というと神無月という印象的な月師走という〆の月に挟まれてイマイチ目立たないと感じるのは私だけですかそうですか。

快晴。そして何故か体調も戻っているようである。そして本日も赤坂行。天気はいいけど涼しいというよりも肌寒いという表現を使いたくなる。

昼は友人K氏と久しぶりに赤坂デリーにてランチ。相変わらず発汗を促進させる料理。大変美味しゅうございます。K氏とは近況よりも共通の友人の噂話で盛り上がる。桑原桑原(謎)。

某社内で先日結婚式を挙げた友人T氏と会う。てっきり休んでいるとばかり思っていたのですが仕事優先とのこと。来月の新婚旅行の話等を聞く。西班牙か。。。などとウカウカしているといつも通りの撤収時間。急いで片付け始める。

デザイナ川畑博哉氏よりご案内をいただく。川畑氏が先日出版された「光のタトゥー」を題材にしたスライド上映会と写真展である(詳細)。吉祥寺でやるのには行きやすくて嬉しいが、江古田の会場はちめんかのやというのには惹かれる。建築家斉藤裕設計の住宅を改造したギャラリーです。一度中に入りたいと思っているので時間が都合出来たらなんとか行きたいものです。

_2005.11.02 [2001] [2002] [2003] [2004]

本日も赤坂行。なかなかのよい天気。

出がけに長男K氏を幼稚園に送る。しかし見送りといっても幼稚園の門まで来ると、ココデイイカラと捨て台詞もそこそこに園内に駆けていく。火の玉小僧のごとき駆け足。やれやれ。それでも一応門に立っている先生に挨拶をして駅に向かう。しかし来年には卒園となると見送り出来るのも限られているなどと考えるとたまにはいいものだと思う。

赤坂某社ではひたすら模型製作。ところどころでメールや携帯で他の打合わせが入る。便利というか休む暇ないというか。カリカリとカッターを揮って作業作業。2100時過ぎに撤収。ちょっと冷え込んできていますが、寒いのはむしろ数奇なので段々いい季節になってきています。

帰宅後2ヶ月綴りのカレンダーを切る。最後の一枚になるとやおら年末気分になってきます。そういえば先走ったサンタコスチュームのぬいぐるみが店頭に並んでいるもの見かけました。あと2ヶ月で何が出来るか逆算すべき時期なのかも知れませんね。やるべきことは山積してますがどのくらいその山を切り崩せることやら。取りあえず届いたばかりの見積りと家具図のチェックだけでもしてしまいましょう。

_2005.11.03 [2001] [2002] [2003] [2004]

休日になると曇天。薄ら寒く感じる朝。

午後青梅街道のスーパーに車で出かける。石神井公園前を通り抜けて南下する。この道は上井草駅脇で東西を通る千川通りとちょうど踏み切りの場所でクロスする。というか踏切部分で千川通りはクランクしているのである。ここの場所は0700時から2000時まで右折禁止なので千川通りはそのままでは同じ道を通り続けることが出来ないという特殊な道になっているのである。だから地元の人間は絶対にここでは右折をしない。もちろん標識はあることはあるが、それを知らずに右折する車は後を絶たないのである。そんな状況の道を警察が放置しておくわけはなく平日休日を問わずよく白バイ隊等が物陰から様子をうかがっているのである。

今日も往路も復路も捕まっている車を見かける。特に帰りはうちの車の前に強引に割り込む様に右折していった車がまんまと捕まる過程をしかと見届けてしまう。千川通りを覗き込んでみると違反車が列をなしている。よくあることなんだろうがあまりにも露骨でちょっと腹が立ってくる。基本的に警察官の思考としては違反をしないように注意を喚起するのではなく、違反した人間をトラップにかける様にしているんですよね。本当に違反をしてほしくない状況の場所だったら標識を3倍くらいの大きさにしてフェイクの警官人形でも配置すればよろしい。それでも右折する様な運転手には遵法意識が低いということで捕まっても文句はあるまい。反則金が欲しいのなら逮捕者は1/5にして罰金を5倍にすればよろしい。間違いをする前には回避できる状況を、悪いことしたらそれなりのペナルティってのはドスカ?

天皇杯4回戦アルビレックス新潟vsザスパ草津はホームで1-0の辛勝。初戦なので調子が出なかったようですがなんとかJ2に負けずに済む。3回戦はジュビロ磐田と。なんかこういうトーナメント戦のときによくジュビロと当たる気がします。しかも勝てないという。。。

夜は家人M氏蟲師を観てみたいというので白ワイン片手に1,2話を連続して観る。うーん美しく哀しく怖い話である。透明なお酒(白ワイン含む)がすすむ物語です。原作も読んでみたくなりますね。

_2005.11.04 [2001] [2002] [2003] [2004]

本日も赤坂行。休みを避けて現れるお天道様(苦笑)。

本日もカリカリと模型製作に従事。今回の模型のスケールは1/200。実はこのくらいのスケールで細かい模型を作るのが一番大変に感じる。1/100や1/50はモノ自体は大きくなるがディテールの表現もそれなりに出来る。1/300以上のスケールになると細かいディテールの表現は無視出来るくらいになるので全体表現に主眼が置かれる。その点1/200だと階段や細かいディテールもそれなりに作れてしまうために手間がかかるのである。だいたい0.25mmくらいの刻みで部材をカッティングしていくので実寸法でいうと50mmほどのディテールは表現可能になっていくるのである(表現するかしないかは模型の目的による)。もちろん紙の切り貼りなどによってもっと細かい凹凸表現も可能であるが躯体では50mmが一つの目安になる。ちょうど無酸素運動系中距離走の800mが一番苦しいというのとちょっと似ている様に感じる。などと考えつつ手を動かしているうちに一段落。今日は早めに撤収することに。

そこで六本木ワーカS氏と軽く飲むことに。旬のおすすめと銘打ってあるメニューが二品連続で品切れという憂き目に遭うも全般的に美味しいお酒をいただく。酔い覚ましに普段よりも徒歩分を多めに取って帰宅する。

仙台のご意見番K氏より封書。今年も地元の文具屋と共同で年賀状を出すとのことで年賀状のサンプルを送ってくる。K氏のイラストが2点使用されています。相変わらず誠実そうなタッチのイラストです。しかしもう年賀状の季節ですか。ちょっと焦らせられますね。

_2005.11.05 [2001] [2002] [2003] [2004]

朝から快晴。11月の空だってやれば出来るじゃないですか。

久しぶりにスタジオの掃除。PCのコード溜まりにはうんざりする位の埃。やれやれ。掃除機だけのつもりがいつの間にか拭き掃除にまで範囲を広げてしまう。いわゆる掃除の神が降りてきてしまった様です。おかげですっきりとしましたけど。

しかし掃除の神の猛威は止まらずユニットバスの換気扇掃除まで行ってしまう。換気扇自体をユニットバスから取り外し(良い子は真似しないでください)ファンの埃落としにかかる。シロッコファン細い隙間には竣工後3年分の埃が水分とともに張り付いており細いブラシでようやく落とすことが出来る。油分がないだけ楽なものです。換気扇の分解までは踏みとどまりましたが十分きれいになった様で、換気扇の作動音が小さくなりました。これで掃除の神もお帰りになった模様。やれやれ。

昼過ぎに染赤号家人M氏長男K氏と出かける。一路東京駅へ向かう。いい天気で陽が傾きかけると途端に眩しい冬の日に近づいている感じがします。丸の内周辺も久しぶりに来るとますます開発が進んでいますね。東京駅で義母K氏をピックアップ。溜池に向かいサントリーホールでM氏K氏を落とす。長男K氏とはそのまま六本木ヒルズへ行き遊ぶことに。遊ぶと言ってもウィンドウショッピング等ではなくヒルズの外れにあるロボロボ園ことさくら坂公園に行く。やはりこの辺の非日本人率は相当に高く、遊んでいる子供(もちろん一緒にいる親も)の1/3以上は日本語以外で会話している。しかし会話が通じなくとも遊びは成立するらしくいろんな人種の子供とK氏は遊んでいる。日が暮れてからおもむろにヒルズの中を散策。カー・オブ・ザ・イヤーの受賞車が展示してあったりライブが行われていたりと相変わらず華やかな場所である。適当に回ったあと再びサントリーホールに向かい、家人達をピックアップして帰途につく。

夜は独りでナビスコカップ決勝戦のビデオを観る。気迫溢れる試合でドキドキ。アルビレックスがこういう舞台に出るのもまだ先なんでしょうね。そういえばバスケの新潟アルビレックスbjリーグ初戦を落としてしまった様で。こちらも頑張っていただきたいものです。

_2005.11.06 [2001] [2002] [2003] [2004]

肌寒く感じる午前中。昼前に義母K氏を吉祥寺まで送る。小さな子供の晴れ着姿をチラホラ見かける。そろそろ七五三の季節ですね。

昼過ぎに降り始めた雨の中南大泉図書館へ。水没復旧後初めて訪れます。やはり蔵書は完全には戻っておらず一番下の書架棚だけが空白でいるのが淋しく感じます。検索用のPCが全て新しくなり液晶ディスプレイになっていましたね。果たして蔵書の復旧する日が来るのかどうかわかりませんが開館再開だけでもよしとするしかないのでしょうね。エントランス脇に積まれた土嚢が哀しいですね。

夜昨日の深夜2800時(もしくは早朝の0400時)に録画した蟲師の3話目を鑑賞。今回は雪深い里が舞台でに関してのお話。どうにも降る雪が美しくてたまらない。昔から夜中に降る雪を観るのが数奇でした。正確に言うと降る雪よりも無音という音を聴くのが数奇だったのかも知れません。シンシンと降りしきる雪。その中を歩くと自分の靴が雪を踏みしめる音しかしない。おそらく雪の結晶は吸音効果がある有孔体の様なものであるために音が極めてなく感じるのでしょう。その中では不思議と孤独感は感じないのだが、その代わりに圧倒的に単体としての自分を感じる様な気がする。音がないことにより周辺環境と自己との境界線がはっきりするからでしょうか。昔から雪の降る日でも窓を開けて外を眺めるのが数奇だったのはそういう理由だったのでしょう。よく怒られましたが(苦笑)。

_2005.11.07 [2001] [2002] [2003] [2004]

下田のご意見番S氏ブログが更新されないと思っていたら入院していた模様。といっても本人元気で暇を持て余しているらしく携帯メールが来ました(笑)。最近は入院患者からよくメールが来ます。電子機器に影響のない携帯電話の開発は結構重要な事項なのかもしれませんね。

本日も赤坂行。家を数歩出た時点で服の選択を失敗したことに気がつき後悔する。なんでしょうかこの暖かさは。厚着のまま粛々と駅まで歩く。

どうも朝からの山手線の架線事故の影響で普段は降りるばかりの西武線高田馬場からどっと人が乗って来て驚く。直接影響は被らなかったが丸ノ内線も普段よりも混雑しており、なんとなく気持ちがざわつく。

本日は模型のフィニッシュ作業。一部修正。数カ所自分でも感心する精度が出せた可動スライド部分がありちょっと見とれる。鞘状になった部分の納まり具合がキツからず緩からずという塩梅。こういう仕事ができると一瞬職業選択を間違ったかと思うが、おそらくその道(どの道?)で食べて、さらに自分でも満足のいく仕事にするにはコンスタントにこの精度が必要だと感じるので無理でしょう。模型等の仕事は他の人の評価よりも自分の評価がより重要な気がするんですよね。それは建築設計よりも個としての作業が多くなるため必然なのですが。自己満足が出来る仕事とは実は相当少ないのではないかと感じる今日このごろ。

2200時前に赤坂を撤収。久しぶりにTSUTAYAに寄っていく。目当てのものは三たび借りられている(凹)。仕方がないのでセカンドチョイスでCB 天国の扉 OSTクリスタル・ケイのベスト盤を借りることにする。店内の蛍の光に送られて店をあとにする。

_2005.11.08 [2001] [2002] [2003] [2004]

本日も快晴なり。雑務をこなしながらエコ研HP更新。

家具を巡る打合わせを施主と工場とでメールとファックスを介しながら交わす。能率いいのかどうかは俄に判断出来ませんが、少なくとも移動時間の分だけは効率よく出来ていると評価。

所用で吉祥寺往復。今日も晴着をちらほらと。五日市街道の武蔵野八幡の前には酉の市の案内が張ってある。今年は明日と21日で二の酉までな様です。火事が少ないといいですね。

北海道の友人T氏から久しぶりに電話をいただく。年末年始のスケジュールの話。ついでに共通の友人(中学生時代)の話で盛り上がる。ひょんなことでNHKに出演した僧侶N氏の話や休職中のS(N)氏の話とか。。。同窓会や同級会をやろうにもどうにも横の繋がりが悪いのかなかなか交流が少ない同期連中。幹事を買って出る人がいないのが痛いところ。果たして地元に誰が残っているのかを誰も把握していなさそう。卒業時の幹事決めに失敗した例証ですね。

_2005.11.09 [2001] [2002] [2003] [2004]

北海道の友人T氏の勤務する北海道白糠養護学校のサイト内でT氏の関わっている特別支援教育のページを拝見する。軽度発達障碍に関しては朧げにしか知らなかったので大体普通の学校などでは各クラスに6%程度の割合で在学していると言う事実だけでも驚かされる。学習障碍、注意欠陥多動性障碍、高機能自閉症などを指すらしいがイマイチ実体はよくわからないのが実感である。こういうことはもっと知っておかなければ人の親でいることは出来ないのでしょうね。色々と考えさせられる。

午前中阿佐ヶ谷に向かう。阿佐ヶ谷J邸第V期工事の現場に向かう。耐圧盤の上に新しく床組を作る。既存の大引の他に2本補強用に大引を敷く。今回は工期の短縮を狙って金属製の束を仕様。実物を見るのは初めてです。今回はフロアの半分だけの改装なので既存の床に合わせる作業に時間が取られるために基礎関係はなるべく工期が短くなる様にセッティング。既存床は計測の結果ムクリがついている様なので大工さんの腕が問われます。北海道の工場に発注した乾燥材の無垢フローリングも納品されているので既存部分と並べてみるが塗装の仕上りも上々。施主J氏夫人とはテーブルのリペアの打合わせも。樺桜の天板の塗装見本を見ながら打合わせ。昼前に撤収。

阿佐ヶ谷で軽く昼食を取ってからバスで帰途につく。満腹+うららかな日差しの中転寝てしまいバス停を寝過ごしてしまう。やれやれ。しかたないのでポクポク歩いて帰るが天気がよいので気持ちがよろしい。ついでに郵便局によって雑用をこなす。そろそろ年賀状の季節ですね。年賀切手も可愛らしいワンコでちょっとにんまり。

夕食後ようやく復活したまんが日本昔ばなしを観る。こぶとり爺さんの絵(演出も)がカールおじさんで有名なひこねのりお氏で嬉しくなってしまう。しかしこの番組昔のまままったく変わらないで放送しているのが好感を持てるとともにいい商売だなとも思ってしまう(苦笑)。ひょっとしてデジタルリマスタリングとかしているのかもしれないが、それを感じさせない画質の悪さが逆に懐かしさを煽っていたりして。。。でも元がしっかりしたモノなので面白さに関係ないという気もしまう。

_2005.11.10 [2001] [2002] [2003] [2004]

本日は朝から六本木方面に向かう。快晴でドライブ気分がよろしい。

668i計画の打合わせ。既存部分と造り付け家具の取り合いを確認して変更を出す。大昔の設計図はあるのですが竣工図ではないために想定外のものがあったりするわけですよ。サクサクと解決して他の部分も確認。午前中で終了撤収。青空の下快適に飛ばして走る。。。途中までは。目白通り環七手前で埒の開かない渋滞に巻き込まれる。環七に辿り着くがまだ先ががっしりと詰まっている様なので新青梅街道に避難。最初からこちらを通っていれば良かったんですけどね。やれやれ。

一度帰宅してから再び雑用で出かける。日が落ちるのが早くなったので3時過ぎにもなると西日が目に入って運転し辛い。しかしそれもあっという間に落日してしまい車のライト点灯が必須に感じる。そうなるとやはり自転車の無灯火ほど怖いものはないですね。無理だとは思いつつも自転車には自動点灯装置付ライト設置の義務化を促進して欲しいところ。少なくともママチャリと子供用には。

帰りがけに図書館に寄って図書の返却。CDの棚にJITTERIN' JINNのベスト盤を見つけて懐かしくて借りてしまう。そういえばデビューアルバムは買いましたね。しみじみ。

_2005.11.11 [2001] [2002] [2003] [2004]

1並びの日。曇天の中阿佐ヶ谷へ。ちょっと肌寒く感じます。

阿佐ヶ谷J邸第V期工事の現場に向かう。そろそろ床下地も完了。既存部分と新しい床の接合部にかかっています。フローリングが面取りをしていない材料のためにちょっとした段差でも大きく感じてしまいます。最近一般的な面取りをしてあるフローリングはそこまで厳密な施工精度を要求しないのですが、今回の場合は一番の肝になります。大工さんの腕の見せ所。心なしか大工さんも楽しそうに作業しています。職人さんは自分の腕が発揮出来る場所を本当は求めているのでしょうが、最近はそういう仕事も少ないのでしょう。現場を辞して環八を南下。赤堤通りを世田谷梅丘に向かう。

梅丘のGALLERY GALAにて「今井裕子展〜柔らかな白」観賞。紙の様に薄く儚い陶器を作る作家今井裕子氏の個展。今回は大型のオブジェが10点ほどと照明器具や小型のオブジェ等の展示。まるで和紙の様でありながらも陶器の固さを持ち合わせた不思議な質感。固い木綿豆腐とでも表現すればいいのでしょうか。見る度に不思議な印象を受けます。今井氏は残念ながら来廊されてませんでしたが美味しいコーヒーをいただいて画廊を辞する。帰りの車中ちょっと四次元怪獣ブルトン(古)にも似ているなとマニアックな連想をする。ブルトンってシュールレアリズムの詩人ブルトンから取った名前だと帰宅後知る。

たまたまリビングを通りかかると誰でもピカソ平原綾香の特集。震災との関係で長岡の風景や花火の打上げが映る。ギネス申請をしている震災復興祈願花火フェニックスも映るがそのときに今後10年打上げるとナレーションが言ってましたが初耳。確か打上げに2千万円近くかかるそうなのですが毎年続けられるのでしょうか。今年は寄付を募ってのことだったのですが来年以降はどうなるのかちょっと心配。というか10年という話の信憑性が低い様な気がします。地元新聞のサイトにも市のサイトにもその様な話は掲載されてませんし。。。

夜気がつくと冷たい雨が降っている。ちょっと淋しげな夜なべ仕事にマウスを揮う。

_2005.11.12 [2001] [2002] [2003] [2004]

キリっと快晴。しかし冷えてます。

阿佐ヶ谷J邸第V期工事でトラブル。新しいフローリングの濃淡色目のばらつきが少な過ぎて既存の色目と微妙に違うことが発覚。というか既存フローリングのばらつきが大き過ぎたとも。施主J夫人と打合わせ。再び工場に発注して再度施工することに。やはり色は難しい。

アルビレックス新潟vs柏レイソルはホームにて2-2のドロー。勝てたんじゃないのかとネガティブになりそうになるも勝ち点1ゲットと無理に考えていきましょう。おそらく自動降格は無くなったようなので次は入替え戦圏脱出が目標。

スタジオが揺れる揺れる。妙に風が強いかと思っていたらやはり木枯らし一号らしい。そろそろ暖房器具が恋しくなる頃ですが、まずは重ね着で凌ぐ。

下田のご意見番S氏が退院されたそうで。同じ業界の人間として多分退院後すぐにハードワークが待ち構えているものと想像出来ますが、どうぞご自愛していただきたく。下田は東京よりも多少は暖かいのかしらん。

_2005.11.13 [2001] [2002] [2003] [2004]

遠方の友より吉報。うんうん。いいお話です。

午前中家人達を伴ってトイザらスに向かう。快晴。渋滞もなく到着。しかし妙に駐車場は一杯。疑問符を浮かべながら入店するとそこは既にクリスマスでした。飾り付けはもちろんそこかしこがしっかりクリスマス商戦の開幕を告げておりました。ま、こちらもその下見に来たんですけどね(苦笑)。今まで当家には汎用ゲーム機というものは存在しなかったのですが、とうとうその禁を破る時期が来た様です。で、Nintendo DS購入は既に決定していたのでソフトを検分。いくつか候補が上がるも結局長男K氏のマイブームであるたまごっちのゲームにする。もちろんこの時期にプレゼントするのは早すぎるのでK氏の陰に隠れて購入。それにしても店内の人数も多く、妙にそわそわした空気が流れているため予想以上に疲弊する。やれやれ。

帰宅後録っていたアニメを数本観る。何故か今秋は土日にのみ録画対象番組が集中してしまっている。視聴後軽く転寝。夜は栗ごはんでホコホコに。サクサクと夜なべ仕事をこなす。

_2005.11.14 [2001] [2002] [2003] [2004]

本日は赤坂行。時間が合うので長男K氏を幼稚園まで送ることに。外に出たときは寒いと不平を言うK氏も幼稚園の門をくぐると脱兎の如く消えていく。まったく彼らの体感気温は当てにならない。

赤阪に行く前に吉祥寺にて成分献血をする。久しぶりの献血。前回は7/31なので106日ぶり。短いか長いかは意見の分かれそうな日数。通算51回目。今日は右腕で採血、左腕で返血(?)。こうなると両手は動かさないので千と千尋の神隠しなぞをビデオで観ながらうつらうつらと採血三昧腐れ神が湯に入るあたりで献血完了。両腕での献血は成分献血とはいえ時間が短いのである。水分補給をして撤収。

早めにお昼をいただくことにする。久しぶりに大戸屋に向かう。吉祥寺店もすっかり内装が変わってしまっている上に前払い制ではなくなっているのですね。丼と板ウドンのセットをいただく。ちょっと位寒い日でもやはりウドンは冷たいものを選んでしまいます。チュルルンガシガシといただき赤坂に向かう。

昼一番の打合わせ。内容確認後すぐさまその場で作業にかかる。ちょっと模型の手直しをして2100時過ぎに撤収。

阿佐ヶ谷のS氏が新宿に出ているとのことなので待ち合わせて軽く飲み。生ビールが疲れを抽出するのかちょっとぐったりしてしまう。零時前に帰途につく。西武線の駅を出た頃には霧雨だったものが一歩歩く度にミスト濃度が濃くなってくる。家に辿り着く前には霧雨とはいえない位に成長した雨にしっとりと濡れてしまう。

_2005.11.15 [2001] [2002] [2003] [2004]

G型しょうゆさしなどで有名なデザイナ森正洋氏が12日にお亡くなりになったそうで。享年77歳。陶磁器の特質を端的に表現したデザインが素敵でした。合掌。

朝方えらく長い揺れを感じる地震。強くはないが周期が長いので船酔いのような感じもする。震源は三陸沖。ちょっと不気味な感じ。うかうかとそのまま起床。

午前中は雑用をこなすのでほぼ潰れる。近場なれど車を出してあちらこちらへ。お昼は家人M氏と近場の回転寿司に。お昼はサービス品が多いので安上がりに満腹に。寒い日にあら汁美味しゅうございます。駐車場に繋がれていた黒犬をかまって遊ぶ。犬飼いたいですね。

F工業から阿佐ヶ谷J邸第V期工事のリペアに出していた家具の写真が送られてくる。昔は客船に積まれていたとの曰くつきのテーブルは脚部の補修と天板の作り直しをする予定。脚部にサンドをかけて研磨したところなかなか奇麗な木の地肌が出て来た。天板は樺桜材を使用する予定なので色合わせを考えなければいけませんね。

今日は妙に外が騒がしい日。車を出せば救急車に数回遭うは、スタジオに籠ると消防車やトラックのクラクションが耳障りである。月齢は13.1なので満月に近いのが微妙に関係するのでしょうか。なんとなくこういう日は気持ちもざわついてきます。。。などと感じている間に11月も前半終了。やれやれ。。。

[past sync days]

[2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

back