go to brand-new diary

past sync days : early october 2005

october theme :I Do / 菅野よう子

_2005.10.01 [2001] [2002] [2003] [2004]

朝一に宅急便。何かと思ったらStarWars ピンズコレクションボックスが当選してしまいました。あわわわわわわ。随分丁寧な包装を取ってみるとやたらと立派なボックス。明らかにピンズの出来よりも箱の方に力が入っているんですけど(笑)。なんにしても嬉や。生きていればいいこともありますね。ヨボヨボ。

川崎フロンターレvsアルビレックス新潟はアウェイで3-0で完敗。ため息の4連敗。最後は交代枠を使い切ってからのGK退場というオマケつき。。。どうも歯車が合わないようで選手も累積や怪我続き。つ、次はホームでなにとぞ。。。

方々の日記で国勢調査の項目を読んで未記入だったことを思い出す。慌てて記入。しかしあっという間に修了。こんなものだったのであろうか。どうも国勢調査は前回のことを思い出せない。内容どころかマークシート方式だったかさえ思い出せず。記憶に自信がない今日このごろである。

_2005.10.02 [2001] [2002] [2003] [2004]

快晴。というか暑く感じる。酷い残暑という感じではないけど10月という感じにも思えず。午前中は資料検討で過ぎてしまう。

午後から長男K氏井草八幡の秋の例祭に向かう。青梅街道に面する井草八幡は一歩入ると鬱蒼とした森になっており敷地面積の割には雰囲気が感じられる神社である。参道も方々に分岐があるために縁日の屋台も結構な件数立ち並んでいる。まずは参拝に。能楽堂では狂言もやっているがK氏の興味を引くはずもなくチラリと見ただけで再び縁日に戻される。久しぶりに(ヘルプですが)射的や輪投げなどもやってみる。練り歩き回るが車だったのでアルコール類の摂取が出来なかったのが無念。東京の縁日は炉端焼きの類が多い気がしますね。周辺を練り歩いてきた山車が神社に戻ってくる頃に撤収。帰りの青梅街道は渋滞気味でした。

先日買ったスキャナの箱をようやく開函。さくっとセッティング。ドライバも問題なくインストール完了。使ってみるが専用アプリケーションもこなれている感じでよろしい。しかしそれにしても筐体のデザインはどうにかならないものだろうか。これはCanonに限った話ではないがCCD形式のスキャナのデザインで目を惹くものが皆無である。CISのLiDE シリーズ等はシャープなデザインで好感が持てるが、他はどうにもこうにもモッサリとして納得出来ません。Canonはせっかく昨年プリンタではiPシリーズがプリンタらしくない筐体でよかったのに。プリンタにしても今年のiPシリーズはちょっと劣化していませんかね。ライバルEPSONのデザインにはまったく興味が持てないので是非Canonには頑張っていただきたいものです。

_2005.10.03 [2001] [2002] [2003] [2004]

本日は朝から赤坂行。曇天とともに気持ちもちょいとどんよりと。

打合わせの最中締め切りの時間に関してどうも食違いが多い気がしていたがそのまま放置。次の打合わせ謎が解ける。向こうは午後の12時のつもりで話していてこちらは昼の12時のつもりで話をしていたのである。がくり。普段24時間制で考えていることと、普通の会社の人が締め切りを真夜中に持ってくるとは思っていなかったので勘違い。建築業界は所詮普通の世界じゃなかったわけで。油断してました。これで12時間分スケジュールが狂う。がくがくり。

2330時に赤坂撤収。外は微粒子の霧雨スガシカオの新番組Night Storiesを聴きながらトボトボと夜道を帰る。

_2005.10.04 [2001] [2002] [2003] [2004]

本日も朝から赤坂行。

なーんかぱっとしない天気であるが建物に入ってディスプレイと向かい合えば基本的には関係なく過ごすことができる。でもふと目の端に入る陽光というのはきっと無意識下では影響があるんだろうなと考えつつ作業に従事。

某社の方に北海道土産として白い恋人とトラピストバター飴をいただく。もう絵に描いた様なベタなお土産。スタンスとしてはマカデミアナッツ・チョコやうなぎパイの如し。しかしこれが飽きがこないというかどことない懐かしさと洗練されなさと平均値的な味で悪く感じられないのである。疲れている時の血糖値の低さからかついつい手が伸びてしまうのですよ。ニコニコ。

24時を過ぎても終わらない作業。そのまま継続。なんとか2730時に修了そして撤収。そとはシトシト雨。真夜中の個人タクシーは赤坂から石神井まで36分。ナイトキャップを舐めながらちょっとだけ雑用をこなす。

_2005.10.05 [2001] [2002] [2003] [2004]

数時間睡眠を確保。半分融解しつつ起きて熱いシャワーで固化。ようやく人間に戻る。午前中はスタジオに籠って図面描き。どうも最近Thinkpadの調子がよろしくない。OSの再インストールでもしましょうか。ハード自体の寿命というのは勘弁していただきたい。雨で調子が悪いという理由もご遠慮いただきたいものです。

午後から雨の赤坂に向かう。しかし半端な降りの雨である。傘をさそうかさすかまいかと思案させる様な雨が一番質が悪い。

カリカリとお仕事。それにしてもIllustrator CSは重い。重くて重くてストレスが溜まります。ver.9くらいのバランスが一番好みでしょうか。カリカリカリ。。。

2330時に赤坂撤収。降っている様な降ってない様な雨。電光掲示板の18度という表示が淋しげである。

_2005.10.06 [2001] [2002] [2003] [2004]

そして本日も赤坂行。

出かけるときには強い降り。むむむと唸りながら仕方なく普通の傘をさして出かける。しかしものの3分も歩かぬうちに小降りに。武蔵関駅に着く頃には完全に降り止む。ううと凹みながら西武線乗車。なんとなく悔しいので各駅停車で寝て新宿に向かう。

開店したばかりの書店をハシゴして本日発売の本を探す。しかし見当たらず。調べてみると明日発売らしい。星回りの悪い日らしく項垂れながら某社へ向かう。やれやれ。

そしてはっと気がつくと2330時過ぎ。慌てて撤収。結局終電一本前に乗ることに。木曜日なので混雑もなく座って帰れる西武線。ちょっとため息の一日。

_2005.10.07 [2001] [2002] [2003] [2004]

なにか久しぶりの青空の様な気がする。インドアで籠っているから気のせいかもしれないが。

朝一に近くの書店で某大河小説購入。そのまま南大泉図書館へ。図書を借りる。水没の復旧工事にかかる模様。業者らしき人が書架の間を現調している。まだまだ復活は先な模様です。

本日はスタジオに籠る。ようやくスキャナを本格的に稼働させる。サクサクと走査三昧。自分のHPの更新もしなきゃですね。

mixi某所で建築家占いというものを発見。私は高松伸氏。
● 高松伸さんのあなたは、奥ゆかしく見える才人です。恋愛パターンは見た目同様、古風です。情の深いタイプなので、現代風のドライな恋愛観を持つ相手は不向きです。カンの鋭さから、出会った瞬間に恋に落ちてしまうことも多いのですが、相手に思いやりの心を持って接するため、抜群の成功率を誇ります。ひとたび仕事となると、物事の飲み込みが良く、ポイントを押さえるのが得意。天性のカンも冴え、何でも器用にこなせるマルチな才能を発揮します。が、攻めが得意なため、守りはちょっぴり苦手。受け身の状況下では、焦りから自らミスを招いてしまうことも。常に自分を見失わないように、冷静で客観的に自分を見られるようになれば、鬼に金棒です。
はははと取りあえず笑っておきましょうか。

夜になってからビデオカメラのテープを切らしていることに気がつく。23時前だったので車で青梅街道に出て某大型電気店にて購入。やはり24時までやっている店があるのは心強い。特にPC関係の消耗品は切羽詰まったときに助かりそうです。雨は激しい降りに移行。スガシカオをカーステレオで流しながら帰投。夜のドライブに「光の川」は合い過ぎていて切なくなってきます。

_2005.10.08 [2001] [2002] [2003] [2004]

夜なべ仕事でエコ研HP更新。雨の降り激しいな。。。

雨はあがった様なので地獄起きして運動会の場所取りのために幼稚園に向かう。グラウンドでは先生方が雨後の処理に追われている。降らなかったからマシと取るか、すぐれない天候と取るかは連休の天気次第でしょう。

そしてグラウンド整備のために1時間遅れで運動会開始。基本的に長男K氏の出番を待ってビデオカメラを持ってうろちょろ。親子競技は二人三脚。何年ぶりでしょうか(苦笑)。他は結構暇なのでマンウォッチングがお勧め。お昼時に雨に降られるが、木の下に陣取ったのが幸いしてほとんど濡れずに屋外でのお弁当を堪能する。午後も予定通り進行。暑くもなく適度な気温で悪くなかった運動会やもしれません。雨運の悪い幼稚園なので中止にならなかっただけ僥倖言えます。

毎年思うことだけど、運動会というのはデジカメorデジビデの最新機種展示会になってますね。一眼レフデジカメをこんなに一度に使用されている現場を初めて見ました。もう一眼レフが主流になりつつあるのかも。銀塩カメラなんてほとんど見かけません。一割いるかどうかというところ。消費経済を担う人々の集合体といったところでしょうか。

夕方BLOOD+を観る。やはりProduction I.Gは奇麗な絵だなぁ。ストーリー自体はまだ皆目分からないですが来週も観ることにしましょう。攻殻機動隊も終わってしまったことだし。エンディングは元ちとせというのもポイントが高いです。そういえば沖縄が舞台ということで安藤忠雄のFESTIVALが一瞬使われていましたね。今では名前も変わって白く塗られているようですが、穴あきブロックの形状はそのままとのこと。屋上庭園のガジュマルの大木観てみたいですね。この作品は1984年竣工。まだ私が高校生の頃か。。。

マダガスカルに旅行に出かけている後輩T氏からメールが届く。何故かタイからローマ字で。何か大変な目に遭っているようで(謎)。体だけは大切に。。。

_2005.10.09 [2001] [2002] [2003] [2004]

陶芸家今井裕子氏から個展の案内をいただく。
柔らかな白 今井裕子展」2005年10月15日(土)〜11月13日(日) GALLERY GALA AM11:00-PM6:00
またあの不思議な質感のある陶器を観られるかと思うとドキドキしてきます。初日のオープニングパーティーは無理っぽいですが是非観に行こうかとここにメモ。

昨日の運動会で何か激しく体を動かしたとも思えないのですが、朝から天気に合わせるかの様に不調。タルタルとゆっくりと過ごすことに。

そういえば今日は一級建築士の製図試験の日だったはず。あの人やあの人の首尾はいかがだったのでしょうか。私の試験用の製図板も人に貸出してから次々と受験者の間を渡り歩くさまよえる製図板になってしまっていますが元気なんだろうか。きっと製図の試験の概要が変わるまで戻ってこない気がします。というか戻ってきてもそんなに利用されないというのが真相。まだまだ頑張って欲しいものです。

_2005.10.10 [2001] [2002] [2003] [2004]

雨雨シトシト。なんとはなく憂鬱。いまいち生産性に欠ける走査作業と画像修正作業を続けているだけではなさそうですね。

NHKで以前生中継をしていた世界遺産イタリア縦断1200キロの総集編をやっているのでツイツイと観てしまう。あの青空が羨ましき限り。

雨で遊びにも出られないので長男K氏とTSUTAYAに行く。同じことを考えている人間が多いのか駐車場から混んでいる。雨の中の場内整備に導かれてそそくさと駐車。目当てのものはCDもDVDもことごとく借りられており凹む。なんとなく気力がそげたので何も借りないことに。K氏K氏で先から借りたいものは未だ旧作に落ちずセカンドチョイス的にディズニーものを借りることに。出庫も難儀な駐車場から脱出して帰還。K氏とともにディズニーの軟体動物系の動きを見ているうちに転寝してしまう。グー。

後回しにしていた車検のショップをようやく決定してメールで予約を入れておく。保険の継続手続きも必要ですね。出費がかさみます。夜になっても雨はやまず。ちょっと肌寒さを感じる様な夜なべ仕事。スガシカオのラジオをお供に。

_2005.10.11 [2001] [2002] [2003] [2004]

どことなく薄ら寒い午前中。午前中は雑務をこなす。昼前に打合わせに赤坂に向かうことに。

1300時の打合わせというのは昼食の時間を確保し忘れがち。今日も時計を睨みつつセルフの讃岐うどんに入ってハイスピードでいただく。ちょっとかき揚げがバラバラになっているあがり具合が気になるが急いでいるのでスルー。所詮値段なりということでしょうか。午後一番の打合わせ。スケジュール確保がちょっと難儀ですね。そのまま友人H氏668i計画の打合わせ。次回の打合わせは予定が合わずに欠席なのでプレゼンテーション内容の確認。サンプル調達とかは必要ですね。どうも月曜日が休日なので曜日感覚のずれと実働日数の少なさで妙な具合である。夕方撤収。

帰宅後サクサクとエコ研HP更新。携帯に後輩T氏からメール。無事帰国とのこと。海外での事故とのことでなんとか帰国したのですが再び病院直行だそうです。単なる交通事故でも難儀なのに海外となるとさぞ心細いかと思いきや来年にはまた某M国に行きたいとのこと。うーんタフだ。

_2005.10.12 [2001] [2002] [2003] [2004]

ポイントの高い秋空。しかし長続きしないとの噂なのでそそくさとジーンズの洗濯。

朝から宅急便が数便。デスク脇にサンプルの小山をつくる。午前中にショールーム巡りで都心方向へ向かう。2軒ほどショールームをハシゴする。サンプル帳やカットサンプルを調達。そのまま赤坂に向かい友人S氏668i計画の打合わせ。カラースキームやデザインボードの確認をする。自分が出られないプレゼンテーションはちょっと不安。こちらの意図をなるべく伝えて後はお願いモード。

数カ所寄り道しながら帰投する。排ガスが酷くない場所ではなるべく窓を開けて中間期の空気を満喫する。

_2005.10.13 [2001] [2002] [2003] [2004]

快晴。そうだ 京都、行こう 舞浜、行こう。

などと勇んで出発するも朝の首都圏横断は想像通りのベタ渋滞でたっぷり2時間ほどかけて東京ディズニーリゾート到着。今回はディズニーシー初探訪。秋晴れの下アトラクション乗りまくり。想像以上に人手が少ない。先の三連休で一山越えたせいでしょうか。休む暇もないほどアトラクションに乗れるので疲れるという贅沢な悩み発現。どのくらい少ないかというとファストパス発給を中止しても待ち時間が5〜10分程度だといえば一度行ったことのある方なら尋常でない空き方をしていると分かっていただけるのでは。午前中でめぼしいものはほとんど乗り、午後は2度目にトライするものも。

それにしてもランドよりもシーの方が後発なだけに改善点が多いというか、はっきり言って好みである。元々ジュール・ベルヌインディ・ジョーンズ数奇であるという所以もあるが、それ以上にいわゆるディズニーキャラクタの比重が少ないのが嬉しい。セットデザインもレトロ・フューチャー鉄骨にリベット緑青を浮かべた銅板摩擦痕のある真鍮などのテクスチャ表現もよろしい。ヴェネツィア風のセットもなかなか頑張って表現してくれちゃっています。セット構成もランドよりも起伏の作り方が上手く出来ている気がします。特に火山の内側の吹き抜け状の場所での逆円錐形状の作り方と水面とアトラクションアプローチの螺旋スロープはお見事。随所に仰ぎ見る場所が多く立体感がランドよりも格段に進歩していることを感じました。

もちろん素材や表現はフェイクです。しかしここまできっちりとフェイクであることを前提として造り込まれていると何かの偽物というよりもカリカチュアライズされた仮想空間意外の何者でもなくなっている様な気がします。偽物であることの価値とでもいうのでしょうか。そう考えるとNYブロードキャストに火山の咆哮が聴こえたりするのも気にならなくなります。アラビアンゾーンにアルハンブラの獅子の噴水があったのは苦笑ものでしたが(笑)。

それと特筆すべきは夜のブラヴィッシーモというイベントが素晴らしい。火の神と水の神というテーマがあるが、その火の神の造形がトラス構造と油圧シリンダー剥き出しのデザインで、そこから連続して火炎が出る様はファンタジックというよりも機械フェチを誘発させる様な代物なのである。さらにシーのメインの舞台である円形の湾が本当に火の海と化しているのには感心しました。比喩じゃない火の海なんて普通見られませんものね(笑)。唯一の汚点は前説をする某アメリカ大黒鼠でしょうか。。。

それと究極のサービス業の技を垣間見せてもいただきました。長男K氏があるところで半分くらい残っていたポップコーンを路上にぶちまけてしまいました。こちらの失敗でもあるのですんなりと諦めて清掃を係の人に頼んだところポップコーンの味を質問してくる。K氏が答えるとすぐに清掃係の女性はバスケットを持って無料で代わりのポップコーンを持ってきてくれたのである。さらにディズニーのシールのプレゼントも。ここで感心した点は(1)処理すべき問題点の優先順位(ゲストに対するサービス>場内の清掃)、(2)清掃係がポップコーンを無償提供する権限を持つこと、(3)過失を行ったゲストに対して、それをカバーするサービスの提供。ポップコーンやシール等は些細な金額であるが、決して責任者とは思えない清掃係の人がそういう裁量を持ってゲストに対処出来ているのは素直に凄いと思いました。愛や夢とは別次元で実にサービス業のプロというか綿密に考え尽くされたマニュアルの存在を感じる。実に勉強になります。

帰途はさくさくと流れて50分弱で自宅に到着。もちろんK氏は乗った途端にダウン。こちらも風呂につかってようやく復活。そして今日一日で溜まったメールとファックスの山を崩すべく夜なべ仕事にかかる。やれやれ。

_2005.10.14 [2001] [2002] [2003] [2004]

午前中は雑用でキリキリ舞い(死語)。午後の打合わせのために昼前に都心に向かう。雨の予報のはずがいつの間にか秋晴れの上に夏日。。。上着が邪魔な一日になりそうです。

まずは赤坂某社に向かう。打合わせをするのはいいがそこかしこでゴホンケホンやっているのが非常に気になるのである。風邪が蔓延している模様。むむむ。

2時間ほどで赤坂を切り上げて赤い地下鉄で阿佐ヶ谷に向かう。F工業O氏を交えて阿佐ヶ谷J邸第V期工事の打合わせである。既存部分の不具合な点を中心に。来週現状調査のために床下に入ることになる。その後お茶をいただきながら知人関係の噂を数点小耳に挟む。

阿佐ヶ谷駅近くにて阿佐ヶ谷の友人S氏と軽く飲むことに。マッシュルームのフライが何気に美味しゅうございます。秋味ですね。気がつくと大泉方面行きのバスは終わっているので酔い覚ましがてら鷺宮まで歩くことにする。家に帰り着く頃になってなんとなく体に変調を感じる。ひょっとしたら風邪を貰ってきてしまったやも知れないと思いつつ今日は早めに寝ることに(当者比)。

_2005.10.15 [2001] [2002] [2003] [2004]

多量の睡眠投下が効いたのか体調は悪くない起床。朝は雨がぱらつくが予報と違い晴れてくる。すっきりとして気分がいいが最初から雨気分だったので気持ちがちょっと釦掛違いの様な状況である。

エコ研HPの更新を軽くやってスタジオ籠りでCAD三昧。

アルビレックス新潟vs東京ヴェルディ1969は1-1の引き分け。でもホームで開始早々のPKにやられてしまった感が強い。その後相手に退場者が出て押し気味に進めるも逆転出来ず。順位も一つ落とす。残留までまだまだ油断出来ませんね。

夕方から降り出した雨で妙に蒸し暑さを感じる。スタジオでPC2台を抱える様にして着座していると微妙に熱を感じてくる。かといってエアコンをつけるほどではない。中間期の微妙な気候。

[past sync days]

[2001] [2002] [2003] [2004] [2005]

back