go to brand-new diary

past sync days : early october 2002

october theme :Every Breath You Take / 畠山美由紀

_2002.10.01 [one year ago]

台風21号 Higosが着々と来ているようで。関東に来た場合戦後最大だとか。でも記憶にない台風 Vongfong Rusa Sinlaku Ele Hagupit Changmi Mekkhlなどという奴らも知らない間に誕生していたらしい。しかもEleなんて日付変更線を越えてきたハリケーンが台風と認定されたらしい。なかなか健脚だったようで。感心していてもしょうがありませんけどね。今日は早く帰宅したほうが身のためかもしれません。

結局朝から話題はほとんど台風。でも台風と雷には血が騒いでしまう性質なのでワクワクしてしまう。下田のS氏すまないねぇ。でも戦後最大級などといわれると総天然色オールカラー怪獣大進撃というか初代ゴジラ的だと感じておりましたら同様に感じる方がやはりいらっしゃいました。ちょっとくやしい的。

しかし戦後というのもいったい何年前?どことやった戦争?だという若人が増えてきていると思うので改変して欲しいものです。まぁ京都の人みたく応仁の乱とか慇懃に言う人は論外として、次世代にもちこす表現としては基点が終戦というのは良くないと思われる。ここはやはり時間経過がわかり易くなるように10年ごとに色分けしていくのどうだろう。虹の色は世界中でいろんな色数で表現しているようなので10色で表現しているものを採用して21世紀紫の節参年などというのはどうだろうかと思案したところでこれではGUIN SAGAではないかと気がつき凹む。確かグインの年号対応表というものを作った人がいるらしく作中の矛盾までも網羅できる年表があったはずですが天袋のグイン箱に入っているはずなので確認できません。確か来週にはグインの外伝の上巻が出るはずです。ここにメモ。しかしメモを見るかは不明。見ない方に100ラン。

そこそこで仕事を切り上げ戦後最大の台風(ひつこい)の中に身を任せる。案の定ずぶ濡れ。思っているほどの混乱がないのでちょっと拍子抜け的。でも数日の鬱屈がちょっと晴れたようで台風に感謝。

友人Hd氏からメール。とうとう事務所を立ち上げたそうで。日暮里ですか。なかなか趣のありそうな所に居を構えられましたね。そのうち遊びに行きたいです。そういえば同じ事務所のN氏も9月一杯で独立だったような。みな嵐の船出というところですね。お互いに頑張りましょう。

本日はちょっと他の方ライクな部分もトッピングしてみましたけどいかがでしょうかY氏

_2002.10.02 [one year ago]

いつも利用させていただいている関心空間グッドデザイン賞新領域デザイン部門を受賞されたそうで。素敵なことなり。

Higosは随分と健脚だったようで。真夜中外に出てみると満点の星空。冴え冴えとした三日月が出ていました。それにしても昨日の夕方の天気予報で今夜の降水確率90%といっていたのには恐れ入りました。どこまで慎重/臆病者なのだ気象予報士よ。もう台風目前ならばガーンと120%くらい言ってみなさいや。腑抜けったらありゃしない。プンスカ。

昨日の台風では被害が心配された伊豆の方でも思ったほどではなかったらしく、下田の友人S氏宅でもスダレを飛ばされたりしただけで床下浸水とかもなかったようです。まぁ愛車MINIは小高いところに避難していたらしく、台風通過後すぐさま洗車というのが性格を現していてナイスエピソードです。

仙台の御意見番K氏からメール。K氏が開催したスケッチ展の記事が雑誌に掲載されたそうで教えてくれました。雑誌「住む」にスケッチ画+路地パネル展の内容が載っているそうです。ですが赤坂文教堂で探したのですが見つけられず(涙)。明日にでもまた探してみます。

処々で一時的に流行っているエコグラムなんぞをしてみる。結果はこれ。ほほう。優柔不断で食い足りない八方美人かぁ。でもあまり人付き合いは良くないですよ。最近は丸くなったと言われますがそれは丸くなった振りをするのが巧くなった、もしくは期待しない人に対する冷血な対応というだけですから。ですからサービス業にはきっと向いていないと思います。でも私の生業もサービス業的な側面もあるのが悩みの種。

転居へ向けて家人M氏が着々と動いていて大変心強く感じます。昨日もメモ帳にto DOリストがびっしりと書かれており、チャックボックスに確実に×が入れられています。本日も引越し業者に見積依頼をしてもらい両極端な営業マンの態度に呆れていました。ちょっとした態度で仕事って取れたり取れなかったり。メモメモ。

夜は赤坂にて友人U氏と久しぶりの飲み。愉しゅうございました。

_2002.10.03 [one year ago]

真夜中にビデオ修理をやらされるのはなかなか後頭部に効きます。大した事はしていないのですけどね。

家人M氏は今日も引越し準備活動。引越屋さんを呼び見積。D社に決めたそうです。それにしても引越屋にはどうして動物名が多いのでしょうか。動物名じゃなくともマスコットを必ず持っている。使役しているとでもいう意味でしょうか。それとも式神的なものでしょうか。

でもは力持ち。は働き者。キリンは高いものを取る。ペリカンは荷物を入れるという連想。この辺は想像に難くない。しかしサ○イ引越センタのパンダはなんやねん(何故か関西弁)。あんなゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロするだけの邪魔な動物をマスコットにするのはどうでしょう。同じくコアラなんてのもあまり芳しくない。しかし一気にナマケモノにまで行ったら結構嬉しいかも(なにが?)。どこまでナマケモノなんだ。この荷物は運ぶ気あるのか?少しは動くのか?でも気がついてみると引越が終わっていたらすごいなぁ。ナマケモノはフェイクでその後ろにコビトさんが動きまくっていたら。。。

という妄想を広げつつ結局本日は終電体制でございました。

_2002.10.04 [one year ago]

サントリーの缶チューハイのパッケージが変わった。ちょっとBe OSのアイコンみたい。でも缶のデザインは氷結が白眉かな。ダイアカット缶はいいですね。NASA技術萌えです。

本日は等々力FT邸計画の定例打合せです。現場にゴー。

いまのところここの現場での打合せで雨の日に当たったことはない。晴れ現場という所でしょう。先日の台風の影響も皆無。解体工事は終わり大工工事が始まっています。壁が撤去されているために木造軸組の躯体だけです。建物の骨格標本のような状態でしょうか。軸組だけの状態って結構かっこいいものです。ワクワクします。今まで壁があって見えなかったアングルで部屋とかの関係がわかるのが愉しいのです。リアルなワイヤーフレームとでもいった感じですね。既存階段を撤去してあるので2階に上るには梯子のみ。床がベニヤ1枚のみの場所とかもあったりして危ないことこのうえないのですけどね。

今回は改装なのでどうしても既存躯体との絡みが多くあります。既存住宅のまともな図面がないために躯体が現しになるまでわからない部分が存在するのです。今回も2階の部屋の一室で天井高さを取るために折上げ天井に現場で急遽変更してみたりと。やむなしと判断しつつもあがいてみるのも必要。こういう現場のあがきはクライアントのためでもあるが自分のためでもあると。でも実際に作る職人さんと対話しつつ物事を決めていくのはこの職業の醍醐味の一つですね。直接空間をつくるわけではなく人の手を借りてモノを創るのですから意志の疎通が最重要。

一度赤坂によって夜は赤坂ワーカS氏と軽く飲む。四谷にて。天気がよく気分もよくビールも美味しゅうございました。

_2002.10.05 [one year ago]

自分の守備範囲ではないのですがこの「ナノ工学e-ラーニング実験セミナー」ってすごく気になる。以前外れた講演会を主催してた阪大フロンティア研究機構関係なのですが。金曜日かぁ。むむむ。

まだFitの納車は数週間後なのでホンダのディーラからThat'sをお借りする。なんか真四角の車である。自動車だけど妙に室内が広い車である。まぁ後部のトランクルームとかをばっさりと切り捨てたスタイリングなのですけどね。でも流石に660ccのエンジンでは加速感などは求めるべくもなくゆるりとした走り。でも室内の押し付けない開放感が素敵です。そのまま家人M氏長男K氏を乗せて新しい部屋の内見に行く。

場所は石神井公園近く(といっても数ブロックは離れていますが)の街道沿い。賃貸ですが新築の部屋。新しい匂いがしています。先日も工事中を見たのですがまぁ一応のクリーニングもされており外構以外は完成しているようです。おもむろにデジカメコンベックスクリップボードを取り出して室内の実測。実測の経験値だけはそこそこ高いのでサクサクと室内を測量して回る。図に描きにくいところはすかさずデジカメで補足。これは最近の実測では便利な方法ですね。とにかくデジカメがあるとバッテリさえあればほとんど撮影枚数を気にせずに撮りまくり、あとから図起こしなどで解析ができるのが嬉しいところ。小1時間ほどでほとんど必要なものは実測完了。施工会社の人と多少工法の話とかをする。インテリアの趣味はあまりにもクラシカルであるが広さが確保されているし諸条件が合うので多少は我慢。帰りに石神井公園を眺めながら軽くドライブして帰宅。

夕方再び不動産屋と揉める。入居時期とか契約関係である。この不動産屋の担当は前言を軽く撤回する、約束は守らない、腰が低いだけでまったく謝っていない。先日から話し合いにならない。上司を出すことを要求した途端にまた態度が変わる。一度M氏にネゴシエータを代わってもらいまた再度交渉。一度は電話で大声を出してしまう。ふぅ。胃が痛くなる。なんとか最終的にこちらの要求(無理難題じゃないのですけど)を通す。疲労困憊精神笹暮(嘘)。でもこれで転居スケジュールのめどがつきます。やれやれ

テレビでthe Matrixをやっている。やはり面白いなぁ。観れば観るほど攻殻機動隊だけど。

_2002.10.06 [one year ago]

さくっと何気なく書かれていると不意に「DVDプレイヤ欲しいかも」等と思います。それよりももっと欲しいのは時間です。しくしく。

そういう意味では映像は集中しなくてはいけないわけで、歩きながらとか仕事しながら映画を愉しむというのはちょっと現実的ではない。それは時間を気にする身には辛い。ならば音楽等は充実しているかというと最近まったく購入していないという淋しさ。これは時間の問題よりも転居前に不要に荷物を増やしたくないということからきています。ですから転居後落着いたら買うCDリストは作ってます。現在筆頭は畠山美由紀Fragile」。さっきもラジオからかかってきて、アルバム通して聴きたい欲求で七転八倒(してませんが)。カバーアルバムなのですが選曲もそそります。それにつけても転居が待ち遠しい。なんせ仕事部屋だけで14.68m2=約8.9畳を確保。アァ待チ遠シヤ。。。

午前中また件の不動産屋から電話。こちらの車種を聞いてくる。車種を答える前に理由を聞く。転居先の駐車場の中で一台だけ駐車スペースが小さいところがあるがそこにVOLVOのお客様の契約予定が入っているがスペースが小さいために駐車場所を交換してくれないかとのこと。即刻断る。よほど声を荒げようかと思いが自制。懇々とこちらが交換する理由がないことを説いてやる。人を馬鹿にするにもほどがある。大きな車で小さな駐車場にとめられなかったらそれは駐車場を変える小さな車に乗り換えるべきである。大きな車に乗るということはその分のリスクを持つという事である。その点を考えずにクレームをつける持ち主も持ち主なら、小型車に乗る人を小さなスペースに入れてしまえと考える不動産屋も不動産屋。大変立腹なり。プンスカ。

気を取り直してからThat'sで外出。家人M氏ドンキホーテに行ったことがないというので東八通り沿いのお店に行ってみる。まぁまぁの混雑振り。雑然とした様子にちょっとM氏は多少ひいてますが必要なものを物色。長男K氏と私はDVDコーナでMonster's Inc.を鑑賞する。なかなか面白い。でもDVDプレーヤは買いませんよしばらくは。その後違うホームセンタに行き転居先に必要なものを物色。帰宅後にThat'sをディーラに返却。結構高い車なんですね。4WDターボ仕様のものだと軽くFitよりも高いことが判明。そうかぁ。。。

夜は鉄腕ダッシュのスペシャルをつらつらと観る。井戸堀りに関心。そういえば等々力FT邸計画にも井戸がありました。現在はポンプが壊れているために使用できませんが、枯れてはいないようです。災害時のことも考えて生かすことになってます。大切なインフラですから。

_2002.10.07 [one year ago]

考えてみると武蔵野市民でいるのもあと2週間を切っているわけだ。ふむ。ちょっと感慨にふける。

車の大きさで思い出しましたが先日チャンネルを変えているときにちょっとだけ車のインプレ番組を見ていたのですが、トランクの容量を示すのに「ゴルフバックX個」などという表現が出てきたのですが、ゴルフをやらない私にはまったくもって実感がわかりません。雑誌でもそういう表記を見たことがあるのである程度一般的な表現だと思われます。家人M氏にそう言うと世間の人はそれで十分判断できるとのこと。大概の人がゴルフやっているからだと。本当にそうなんですか?少なくとも私の交友関係では80%はゴルフやっていません。とんでもなく偏光フィルタのかかった交友関係なのでしょうか。それとも私の知らない所でみんな休日早朝からイソイソとゴルフ場に赴いているのでしょうか。うむ。俄かに信じられませんね。

よく東京ドームX個分とか富士山の何倍の高さとかの単純に容量を知名度の高い物体を単位にして意味なし換算をしていますが、その場合実際にドーム何個分かをどこかの土地に敷き詰めるわけではないですよね。少年ジャンプを積み上げて見るわけではないですよね。ところが車のトランクにゴルフバックという表現の裏には1.ゴルフは一般的なものである。2.ゴルフバックは一般的なものである。3.ゆえにゴルフバックをトランクに入れればほとんどの人が直感的に容量を判断できる、という断定が見え隠れしているように思うのは穿った見方でしょうか。

最近ちょっといろんなものに怒り過ぎなような気がするので多少自制フィルタを追加。

江戸東京たてもの園セミナー「世界の中の東京」気になりますねぇ。武蔵野公会堂なら行き易いし。さっそく往復はがきで応募。要スケジュール調整ですね。

_2002.10.08 [one year ago]

転居先が最寄NTT局から1.4kmほどだと判明。直線だと1.1km。現在よりも遥かに近い。ADSL速くなるかしらん。

などとルンルン(死語)と喜んでいたところ、S氏からADSLの速度に関する指摘をいただく。ひゃぁ。距離が近ければなどと糠喜びも数時間でしたな。考えてみればNTTとの間には高圧線西武新宿線も走っているからノイズに関しては楽観できないわけだ。ふむ。

は中央線/総武線は信号機故障で大混乱でした。私は三鷹駅利用者の特権としてあまり考えもせずに総武線に乗りましたが、正解でした。ホームから中央線の様子を眺めていると半端じゃないラッシュ。女性が弾き出されるようにして電車からホームに転んだらしくなかなか出発できません。遠くから眺めているので随分と覚めて見てしまってますが急いでいるときにあの電車の中にいたらきっと急かされるは怪我した女性に舌打したいような気分になるは、さらにそんな自分に嫌悪感を感じるはと朝から相当にやさぐれてしまったことでしょう。対岸火災精神平静。

仙台の御意見番K氏のスケッチ掲載誌発見できました。平積みになっていたので先日行ったときはまだ出ていなかったのかな。本人も教えてくれた通りにあまり大きな取り上げ方ではないですけど、文章にK氏の生真面目な人柄が染み出ています。きっちりしているんですよね。学生の頃からよく駄目出しされてました。聴きませんでしたが(笑)。

小柴昌俊教授が「天体物理学とくに宇宙ニュートリノ検出への貢献」でノーベル物理学賞受賞ですってね。凄いですね。素人科学数奇としてはワクワクする話。それにしてもスーパーカミオカンデ行きたかったなぁ。。。

帰りに赤坂ワーカS氏と居酒屋で軽く飲む。気分転換なり。

帰宅後に家人M氏からの不動産屋の話を仔細に聞く。本日はM氏にフィルタになってもらいました。前言撤回というよりも何も考えてない返答を後になって自分の都合のいいように解釈して違う回答を出す。しかも上司へ聞いた判断などではなく自分で勝手に回答を作る(再三上司と直接話をしたいというと必ず折れる)。私のときとまったく同じ対応。これがまだ続くようなら担当者を変えてもらおうと結論を出す。この不況のときにあんな人材が一応就職しているのだから平和というかなんというか。

本日も夜鍋仕事で図面描きにイソイソ。

_2002.10.09 [one year ago]

そういえばいろんな原作ありドラマが始まったようですね。天才柳沢教授の生活は多少安心できますが、昨日やったアルジャーノンに花束をはどうだったのでしょうか。怖すぎて評判が良くても多分一回も観ないと思われますが。。。

転居先のカーテン及びブラインドを発注。今回はグリーンを基調にしました。レースのカーテンには最近お気に入りで方々で薦めて納品しているK社のシルバーバックレースを入れる。阿佐ヶ谷J邸の書斎でも使っていますが写真だとちょっとわかりにくいようです。このカーテンは裏面にステンレス分子を蒸着させているものであり独特のメタリックな色合いのものである。効果としては赤外線60%カットによる熱遮断効果、ハーフミラー効果によるプライバシー保護、紫外線60%カットによる褪色防止効果などがあげられる。しかしなんと言ってもこの製品はシンプルで安い。これだけの機能性がありながら標準的なレースの80%くらいの値段なのである。

どうしてもレースはいろんな模様が入ったりフリルがついたりとシンプルなものが少ない上に手が入るほど高くなる(道理ですが)傾向にあります。昔はステンレスの他にアルミ蒸着のものもあったのですがあまり商品として出なかったためにステンレス1本になってしまったらしいです。もっとこういう高機能でシンプル、しかも安価な製品が多く出て欲しいものです。いつまでも有閑マダム趣味もしくはメルヘンチックなモノが横行しているのは切ないです。まぁ建売住宅などのインテリアなどを見ればそういう商品を求めている/思い込まされている感じはわかりますが。

o-cubeというOZONE Living Design Club Proの冊子を観ていたら先日の講演会の写真が出ていた。自分の後頭部が写っていることを発見。うむむ。。。

_2002.10.10 [one year ago]

それにしてもノーベル化学賞受賞の田中耕一氏の作業着姿はカッコいいなぁ。モノを創る人が認められるって凄く嬉しくなってしまいます。

転居先の住所には石神井という文字が入るが何せ広いのですよ石神井は。なので同じ石神井でも結構離れている場合もあるのです。だいたい石神井公園の形というのが長細く南北で1.5kmくらいあるのじゃないのかしらん。噂のワニを早く観てみたいものです。。。

本日は午後から等々力FT邸計画の定例打ち合わせで現場に出かけます。楽しみです。

本日は23時過ぎの中野駅の信号機故障により大混乱に巻き込まれ著しく疲弊。

以下のことを書くことと自分にメモ+プレッシャ ・現場進捗状況 ・「ときのわすれもの」訪問 ・中央線缶詰記 ということで以下後述部分。

それにしても晴れの現場です。足取り軽く尾山台駅から坂を登って現場まで。まだ外構で駐車場からあがる階段部分のコンクリートを打っていないので足場がちょっと悪いですね。増築部分の布基礎の準備が出来ています。明日基礎のコンクリートを打つそうな。内部は徐々に天井のボード張ったり新規の柱が建っていたりと部屋の大きさがわかりつつあります。でも構造が見えなくなっていくのってちょっと淋しいんですよね。天井裏にはグラスウールという断熱材を敷きます。硝子羊の毛を刈ったもので最近は国産物が出回らなくなり南アフリカ産のものがほとんどなので自然な風合いがありません(嘘)。

打合せの途中でクライアントT氏(夫人)が現場を訪ねてきました。現況説明を多少。工事開始時に多少ごたついたためにちょっと工期が遅れ気味であることの説明など。今まで細かく仕切られてきた部屋の壁を取り払い大きな部屋にするのですが、この状態くらいから多少は実感できていただけるでしょうか。やはり図や模型を使ってもほとんどの人は現実にどうなるのかという把握は難しいですから。自分が身をおいて初めて空間認識が出来るのが普通の反応。だからモデルハウスなどがあると安心感があるんですよね。それゆえほとんど一品物の設計という僕たちのようなものには施主に如何に的確に空間を説明するかも重要です。T氏が去ってから電気屋さんとの打合せをして本日は終了。F工業K氏に渋谷まで送っていただきました。

時間があるのでギャラリーときの忘れものにお邪魔する。ここは建築家の版画も扱うギャラリーなのですが青山にひっそりと建つ瀟洒な一軒家をギャラリーにしている大変贅沢なところなのです。しかし建替えるためにこの建築での展覧会は最後です。「建物取壊しにつき惜別のコレクション展」というなかなかストレートな題名の展覧会。電話を入れてからお邪魔する。相変わらず青山とは思えない佇まいです。玄関のホールには安藤忠雄の住吉の長屋のペンドローイング。あとで聞くと光の教会ものもあったそうなのですがそちらは売れてしまったらしい。ちょっと残念。

お出迎えいただいたのは旧友K氏。随分ご無沙汰です。昔ダマスクスの実測調査を1冊にまとめるときにお世話になりました。当時は研究者兼編集者という肩書きでしたが現在はこちらで働いてらっしゃいます。ウォーホル草間彌生森村泰昌などの有名どころと並んで磯崎新氏のドローイングとかも並んでいます。ちょうどギャラリー間でやっているコンスタンティン・メーリコニフの六角形窓の住宅のドローイングです。ざっと観た後お茶をいただきながらオーナー綿貫氏K氏と歓談。建築家の方と親交が深いので色々興味深い話を聞かせていただく。壊されてしまうそうなのですが次にこの場所に建つものも木造で、このギャラリーもそこに入る予定だそうです。それまでは表参道に移転しているらしい。天井高さが5mくらいあるギャラリーらしいギャラリーになるそうでそこも楽しみですね。夕暮れの中ライトアップされたお庭はちょっと惜しいですが、今まであっただけでも僥倖というべきでしょう。

一仕事して24時近くなって帰途につく。しかし四谷駅で中野駅での信号機故障でのダイアの混乱を知る。慌てて丸の内線の振替を使って荻窪まで。終電とトラブルでとんでもない混雑。不自然な体勢で腰が痛くなりました。荻窪についてからは電車がこないという放置プレイ。乗り込んでも駅の間で止まる。イライラです。結局三鷹には25時というよりも26時近くでした。夜鍋仕事はデジカメのデータ転送のみにして就寝。疲弊しました。とほほ。

_2002.10.11 [one year ago]

昨日の影響もあってすっきりしません。外はすっかり冷えてますね。ぶるぶる

しかしお昼くらいになると太陽の力でぽくぽく。久しぶりに大戸屋に行きました。そういえば北海道には大戸屋がないんですってね。これからでしょう進出は。でもあっちに進出したらメニューが変わったりして。海鮮モノが充実していたら羨ましいこと至極。

本屋にて出たばかりの本を探し出しゲット。読みかけの本を放置してこちらを読むことにする。例のシリーズですけどね。これから毎月出てしまう。月刊Gシリーズです。

世間では東京デザイナーズウィーク/デザイナーズブロックが開始されていますね。今日のJ-Waveでも延々とやってました。あぁ行きたいけどがないですぅ。しくしく。

夜自分の失敗に凹む。120%くらい自分の落ち度。。。Sigh

_2002.10.12 [one year ago]

あと転居まで1週間。カウントダウンが始まるとようやくその気になってきます。

午前中先日も行った整形外科に。まだ肩の痛みが取れません。まずリハビリ。そして診察。注射をしてもらうことになる。献血以外に久しぶりに体にを入れます。どきどき。すっと肩の痛みが抜ける。明らかに肩の上がり方が変わる。劇的です。今後の様子を見てまた注射するかもしれないとのこと。とりあえずになりました。

先週はThat'sでしたが今週はCIVIC SHUTTLEをホンダのディーラから借りる。引越し用に借りてそのまま納車まではこの車が手元に残る算段。そういえば友人Y氏Fit購入されたそうで。おめでとうございます。Fit同盟でも結成しそうな勢いかも。CIVICはなかなか年季の入った車でまったりとした乗り心地が素敵(皮肉30%、本音65%、不明5%)。でもこのころのデザインも嫌いじゃありませんね。さっそく家人M氏長男K氏とお出かけ。転居の準備を着々と。途中マクドナルドで休憩。いままで一度もドライブスルーというものに入ったことがないのでそのうち入ってみましょう。今日は時間がないので普通に入店。それにしても天気がよく気分もよろしい。

帰宅後一休みしてから図書館に本の返却。自転車散香号で行く。気持ちいいなぁ。ちょっと回り道をして成蹊大学の欅並木をゆるゆると走る。あまりこの辺にも来れなくなりますね。しょんぼり。

大学の先輩A氏からメール。研究室でのイスラム関係研究をまとめた編著作がようやく月末に出版されるようです。ふむふむ。私の書いた原稿や図面が利用されているので楽しみです。

_2002.10.13 [one year ago]

本日は長男K氏が行く予定の幼稚園で運動会があります。入園予定の幼児にも1競技参加できるので行ってきます。この幼稚園は転居先から100mも離れていないのです。極めて便利です。

運動会といっても特別参加なようなものなので20mくらいを走るだけなのですけどね。まぁゴールに着いてオヤツもらう達成感だけはあったようです。それにしても保護者というか観客の多いこと。すっかりあてられて帰ってくる。ちょっと苦手です。でも森博嗣氏みたく一切その手のものに参加しないというほどのクールさはないのでしたとさ。

帰宅後天気がいいのでマンションの前でシャボン玉でK氏と遊ぶ。今日はシャボン玉日和と勝手に認定。

を切りに行く。いつもの美容室でいつもの店長にいつものおまかせで。切ってもらっている間数回意識が飛ぶ。疲れているのかな。でもシャンプーしてもらってマッサージしてもらう。極楽まったりリラックス。手をかけてもらうというのは凄いことだなァと認識。

夕方自転車散香号で走りに出る。三鷹から石神井へ。転居先周辺を散策した後荻窪まで。そして再び三鷹に帰る。いままでフロントギアは2/3のみで走っていたのですが封印を解いてフロントギアの変速も試してみる。ようやくなんとなくギアの感じが判ってくる。いろんな組合せでギアがラップしているのも体感としてわかったきました。使いこなせてはいませんが(泣)。でも面白さが判ってきたところでしょうかね。

確か本日は一級建築士の2次試験つまり製図の試験です。今年は知人で本当に2次試験受験者が少ないのですが、数少ない受験者友人T氏はいかがでしたでしょうか。次にお会いするときに朗報を。

_2002.10.14 [one year ago]

転居先を3時間ほど開けていただいて掃除掃除掃除。雑巾がけは有酸素運動と知る。へろへろ。

昼過ぎに時間がぽっかり空いたので自転車散香号でお出かけしようと思う。取り合えず新宿を目的地に決める。ふっと思い立ち荻窪の友人K氏に電話。そろそろ印度へ旅立つはずだと思い出したので。どうやら出発が早まって今日部屋の撤収作業をしているらしい。なのでまず荻窪まで。K氏の部屋は根気のある空巣の仕業のようになっています。近況報告をしあって分かれる。最近はテロが怖いので無事だといいですね。

再び新宿目指して青梅街道を登る。うーん運動不足というか自転車力が弱いなぁ。でもなんとか新宿到着。スポーツドリンクで一服。美味しゅうございます。夕暮れの中三鷹に戻る。帰りは多少の起伏もこたえます。情けない。帰宅後の一杯のお水が美味しゅうございました。往復約33km。マラソンランナって偉いなと。疲れました。ふぅ。でも面白かったです。帰宅後新宿に行ったのだからOZONEとかに寄れば良かったと思ったのは内緒でございます。

_2002.10.15 [one year ago]

友人2名から転居の案内。ふむ。ひょっとして引越しブーム

栗本薫GUIN SAGA外伝17宝島[上]」読了。マグノリアの海賊の続編ですね(と言っても全て続いていると言えば続いているのですが)。感想は下巻が出てから。来月刊行予定。

赤坂見附近くの某銀行に入ろうとしたら自動ドアが開かない。そして中では工事。「」になったままよく見ると統廃合による閉店だそうだ。金曜日に寄ったときには普通の銀行だったのにもう既にATMの撤去にかかっている。あらあら。おそらく告知がそこら中にあったはずですがまったく見ていませんでしたね。すぐ隣のビルが統合先だったので用事を済ますのに不便はなかったのですけどちょっとびっくり。三鷹でもロータリの対角線上にあった支店が統廃合で一つになってしまいました。うむ。合併してあぶれた銀行員はどこに行っているのでしょうか。どこかに銀行員のゲットーでもあるのかしらん。

いつの間にか夕立があったらしい。まったく気がつかず。たまには外を見ようと自戒。

帰宅後雷雨。あらあら。

[past sync days]

[2001] [2002] [2003]

back