go to brand-new diary

past sync days : end april 2002

april theme :Mrs. Robinson / Begin

2002.04.16

というわけでディズニーランドから無事帰還。ほとほと疲れましたので顛末は明日以降に。

【ネズミからの提言】

人が働いているときに遊ぶのは楽しい(石等は投げないように)

2002.04.17

うう筋肉痛の目覚め。はい自業自得ですね。ではまず告知ものをいくつか。

下田の御意見番S氏からの告知。S氏もスタッフとして参加している『et in terra pax(eitp)』が下記ライブで『C.H.C.system』というバンドの演出をします。S氏もバンド自体は知らないそうですが、これまでeitpは非常に質の高い舞台を創ってきたユニットですので、面白いイベント(C.H.Cは45分程度ですが)となるのでとのこと。詳細以下。

SWASTIKA NITE
日時:2002年 5月10日(金) 18:30 open - 19:00 start
出演バンド:C.H.C.system、SPOONHEAD、dive
入場チケット料金:¥2000/2300(+1d)
場所:新宿URGA(西武新宿駅北口 大久保公園近く職安通り沿い 第2大滝ビルB1)
問い合わせ:03-5287-3390(新宿URGA)※チケットをお求めの際には必ず「C.H.C.のチケットで」とお申し付け下さい。

どうもノイズ・インダストリアル系/ハードコア・テクノ系というジャンルらしいのですがスズキにもいまいちわかっておりません(<おい!)。多分騒音工業的とか硬い核で技術的なものなのでしょう。

次に阿佐ヶ谷J氏からの告知。「日本におけるイタリア年」の一貫として、建築分野でも大規模なイベントが近々開催されるとのこと。詳細は以下。

■4都市連続セミナー/イタリア建築フォーラム:『イタリアの建築とデザイン―最近の傾向とその目指すもの』

東京「都市における創造性と空間の質

日時:2002年4月24日(水) 10:00-18:00 @イタリア文化会館

チェアマン:ルチオ・バルベラ(建築家/ローマ・サピエンツァ大学 陣内秀信(建築史家/法政大学)

講師:フランコ・プリーニ(建築家・ローマ・サピエンツァ大学) ルイジ・ガッゾーラ(建築家・ローマ・サピエンツァ大学) 山本理顕(建築家)

コメンテータ:塚本由晴(建築家/東京工業大学)、宮脇勝(都市計画家/千葉大学)

他北海道、鹿児島などで開催。

■<イタリア建築マエストロの20世紀――未来派から可能な未来へ>展『イタリア建築マエストロの20世紀』

20世紀初頭から現代イタリア建築にいたるまでの軌跡の中で、重要な役割を果たした象徴的な作品、未来派の前衛的な作品や、洞察力に優れた30年代と50年代の建築家の宣言ともいえる作品を紹介するために、今は亡き偉大な建築家のオリジナルの設計図
や自筆の作品を展示する。主な内容はアントニオ・サンテリアの未来都市のドローイングをはじめ、ピエール・ルイジ・ネルヴィの構造と一体となった見事な空間をもつオルベテッロの格納庫、そしてカルロ・スカルパの洗練された職人的感覚を表すプリオン家の墓まで、イタリア独自の力を表現する象徴的な作品群である。さらに今世紀(21世紀)初頭の創造性に富んだ、プロに徹したイタリア建築に焦点を当て、国際的に有名な建築家から将来性のある若い建築家、修復や都市計画に貢献する設計家、現代建築家グループなど50人の重要な作品の模型、写真パネル、オリジナルの設計図などを展示する。

東京展 期間:2002年4月24日(水)〜5月25日(土) 10:00〜19:00(休館日:4/29、5/3〜6)@東京デザインセンター

神戸展 期間:2002年6月5日(水)〜29日(土)10:00〜18:00(会期中無休)@神戸市庁舎1号館・市民ホール

などとなっております。以前掲載したコンペと同じ流れのものですね。

午前中雑用を一気にこなそうと勇んで吉祥寺に向かうが駅ビルLONLONが珍しく休館日で出鼻をくじかれ凹む。どのくらい凹んだかというと出鼻をくじかれるくらいでというのはカワウソである。出鼻をくじかれるって相当痛いだろうなぁ。鼻は哺乳類共通の急所なんてよく言われるけどそうするとというのは急所を特徴へと昇華した素晴らしい動物でありトナカイは急所にマーキングまで施した勇敢な動物ということになる。これは大カワウソである。結局発注したいた実印を取りに行きすごすごと帰宅。午後は役所巡りをこなして休養。うう、もう若くないのね。

サッカーコスタリカ戦をTVで観る。消化不良な感じが残る。

2002.04.18

それではぼちぼちネズミ王国のお話でも。

15日月曜日。スズキも家人M氏も10年は来ていないディズニーランド。私は一昨年京葉線に乗る機会が多かったので外観的には多少は知っていたが舞浜駅で降車したのも久しぶり。一昔前よりもより総合的開発がされていますね。とにかく舞浜駅下りたときから設備的に隙がなくなってますね。ウェルカムセンタで荷物を預け入園チケットを受け取る。扇国土交通省大臣も乗ったディズニーリゾートラインもあったのですがまずは徒歩でアプローチ。巨大トランク型の建物は総合土産物屋さん。この日はたまたま19周年開園記念日だったそうで入口にて記念メダルをいただく。あぁこんなでしたねディズニーランド。記念日とのことで多少平日としては混んでいるようですが休日とは比較にならないくらいの人出。それからは長男K氏(2歳10ヶ月)を四捨五入して3歳扱いで乗れるアトラクション全てを乗り倒す。まぁ身長制限があるので激しいジェットコースターものは不可ですがそれ以外のものはだいたい大丈夫でしたね。午前中だけで4つ以上乗りこなして昼食。

以前よりも思ったのですがなんでここは食事が酷いのでしょうか。味が単調というかなんというか。学食の方が美味しいと思ってしまうのは相当酷いでしょう。こんなところはアメリカンにならなくていいのにTDLよ。各レストラン様々な企業のスポンサードで営業しているようなのですがあれではマイナスですよ。別に特別な料理を求めているのではなく普通に味わえるものが欲しいのですが。それが一番大変なことなのかもしれませんけれどね。でも最近のファミリーレストランはこんなに不味くないですよ。まぁ競争がない世界の皺寄せというものかもしれませんが。結局2日間通して食事で一番美味しいと思ったのはUCC経営のカフェのコーヒーでしたね(泣)。あのコーヒーを飲んだときは本当に救われました。一杯のコーヒーとして童話を書きたいほどに。。。

最近行った人からの情報を事前に聞いていたのですが、確かに現在ランドの方は空いてますね。特に大人向けのアトラクションが。10年前はとんでもなく並んだStarToursも列どころか乗物直前まで人がいない。うう。StarWarsファンとしてはちょっと物悲しきなり。ええもちろん四捨五入3歳のK氏も乗りましたよStarTours。果たしてどのくらい仮想現実の世界を認識していたのかは不明ですが。ホテルに投宿しぐったりと疲れて初日は寝ました。

2日目はもう散々いろんなところに行ったのでゆっくりとしてから再び夢と魔法の王国へ(苦笑)。ディズニーランドまで向かうのにリゾートクルーザというバスとリゾートラインというモノレールに乗るのですがこれも方々に前円後双円とでもいった意匠(要はネズミの顔型)が凄いです。窓もあの型に抜かれ吊革などもあの意匠。根性入ってます。昔はここまで徹底できてませんでしたが現在の状況を見るとただ感嘆してしまいます。それにネズミ型を気にせずに観るとバスのデザインなんてなかなかよく出来ているんですよね。グレーを基調にしてレトロにまとめているのですが、それでいてあまりデコラティブでもないんですよね。長男K氏が購入したトミカのミニカーも優雅なラインがそのまま残っていいです。見る前は馬鹿にしてましたが実際に観てから評価アップです。でもモノレールの方はどうかなぁ。さらにシーの脇を周っていくのですが結構安手な裏側が見えるのはいただけません。スズキのように最初からひねくれた観方の人間にはいろんな設備が垣間見えて面白いのですが一般の方にはどう見えるのでしょう。舞台裏にももう少しといったところでしょう。

2日目は多少天気も悪く風も強かったので人出もなくちょっと寂しき限り。まぁ落着いていていいのですが。お陰でゆっくりと方々を見れて興味深かったです。例えばホログラム映像の投影面のカラクリとか建物のディティールを使った遠近法的トリックとか。でもほとんどのものは枯れた技術を如何に上手に組み合わせるかに心血注いでいるのを感じました。人の五感に対して影響力があるのはやはり視覚聴覚でありそこに情報を入れるというよりもごまかした情報を入れるのがあの手の乗物の主技術なのですね。簡単に言うと光の明暗と音の強弱(高低)が一番安く効果的な仮想空間を創るという感じでしょうか。まだまだCGなどをフルに使ったVRなどは民生品として活用するのはコストパフォーマンスが合わないのでしょう。それともう一つは行列を飽きさせないノウハウが凄いですね。今回はほとんど並ばないためにそのノウハウが裏目に出ている感じがしましたが行列沿いにあるギミックやガジェットなどはキャラクタに寄りかかっているとはいえ工夫を凝らしてありますね。行列を並ばせることにより徐々に気持ちを盛り上げていくように経路が作られているんですね。うーん感心すること多々あり過ぎ。勉強になります。

そう考えるとなんか随分元を取ったような気に慣れるから不思議。これが夢と魔法?(苦笑)本当に食事以外はよく出来たアミューズメントパークでした。果たしてシーのほうにはいつ行くのであろうか。。。

Tom ClancyRainbow Six 1」読了。先は長いぞ。。。

2002.04.19

本日はほとんど外に出ず。まぁ白鳥の水面下の水かきのような作業でしょうか。

でも頭が疲れてきたので近所を散歩。日産のNew Marchが近くの家の前に停まっているのでしげしげと観察。あまり趣味ではないのですが確かに日産は変わりましたよね。デザインに主張が出てきている。いいか悪いかは別として。でもよく観るとマーチのライト周りってランボルギーニ・ミウラに似てませんか。睫毛みたいなラインだけですけどね。。。

椎名誠新橋烏森口青春篇」読了。このまま勢いで前の著作まで行っちゃいます。

2002.04.20

本日は久しぶりの勉強会:ArAr-work/walkの日である。新規参加者もいるし久しぶりなので軽めにいこうとのことでGA Gallaryの展覧会の見学+感想大会にする。久しぶりに原宿。さらにさらに久しぶりの竹下通り。うーん居心地悪いなぁ。通らなければよかったと後悔。次に通るのはいつのことやら。。。

GAGの今回は<住宅プロジェクト2002>展。そうそうたるメンバですがどうも各作品の展示形態も密度も違いまとまりがない感じである。まぁ致し方ないのかな。でも雑誌の方で詳しい説明をといった感じで全体的に説明が不足でなんのこっちゃという感じの作品が多かった。そのなかでも窪田勝文、Stanley Saitowitz、原広司などがよかったです(あくまでも個人的にですが)。どうもアーティスト系のフォルム重視のものや矩形欠如空間操作系などはあまりピンと来なかったです。頭固いのですね。

観覧のあとは千駄ヶ谷のカフェに場所を移して感想大会。好き勝手に言いまくり。でも他人の意見は新鮮です。勉強になったかどうかはわかりませんが他人の思考の一部が垣間見えてちょっと刺激的でした。カフェがナイトタイムになって照明を落とすくらいにまで長居する。その後勉強会のメンバ一部と居酒屋へ。なにやら社会の勉強会にもなる。仕切り癖が直ってないのでちょっと反省。謙虚な人生を送りましょう(カワウソ)。

2002.04.21

午前中体調を崩して床に伏せる。けっして二日酔いではないのでそこんとこ夜露死苦

雨です雨です。家人M氏が洗濯物が干せないと悩んでいます。4月に入ってからあまり晴れの日が続きませんね。これも異常気象のせいでしょうか。なんでも異常気象といえば済むものでもないのでしょうが。私の田舎でも今年も雪下ろしはしなかったとのこと。この数年ほとんど街中は積雪がないと父K氏が言っていましたね。スズキが子供の頃はジャンジャン降っており2Mくらいの積雪はざらでしたけど。温暖化かぁ。いけないことだとわかってはいますがどうしても無力感が支配してしまう問題ってあるんですよね。今自分にできることをする。基本だけど難しいです。

2002.04.22

白鳥水面下水かき仕事のためにちょっと閉鎖モード気味。

午後から図書館に詰める。書籍検索をかけてみて気づいたこと。武蔵野市立図書館では村上龍村上竜になっておった。でも字面が違うと印象が変わるものだ。なんか竜のほうが爽やかなイメージが...しないか。

2002.04.23

本日も白鳥水面下水かき仕事のために閉鎖モード継続。でも天気がいいので無印良品に行く(閉鎖してないじゃん)。B5サイズのメモパッドとB5・A5レポート用紙購入。メモパッドちょっといいですね。そのままミスタードーナッツでコーヒーだけで長居する。薄いコーヒーとはいえ5杯も飲めばいいかげん胃が疲れるのでフレンチクルーラも追加。たまにこういう甘いドーナッツもいいんですよね。3時間以上粘って帰宅。

本日から家人M氏・長男K氏は法事のために帰省。久しぶりに自分独りのご飯を作る。まぁいいような悪いような。

椎名誠哀愁の町に霧が降るのだ」読了。ちょっとメランコリックになってしまいます。閉鎖モードでもついつい気分転換に読書してしまいます。さて仕事仕事。。。

2002.04.24

引き続き閉鎖モード中。

ほとんど外にも出ず。得てしてこういう日に限って室内に篭るのがもったいないような天気。昼にコンビニ、夕方にコンビニ。不健全の鏡のようである。でも同じコンビニに行くのは癪だったので夕方には昼間とは違うコンビニに行く。まぁ50Mくらいの差なんですけどね。久しぶりに自分の分だけの食事を作っている。気分転換にはなりますね。明日は水泳にでも行きたいという願望。願望がかなわないほうに3000点。

あぁ今日はこれをやっている日だったんだ。結局行けませんでしたね。残念残念。

2002.04.25

なんやかんやいって徹夜。ジョン川平の雄叫びが聴こえてきたので朝ご飯を買いに出る。せっかくのなのでちょっと遠くまでお散歩。なかなか爽やかな朝ではないですか。でも帰宅して篭る篭る。仮眠に入る。

夕方野暮用的寄り合いで市ヶ谷に。朝とは変わってどうにもしまらない小雨模様。会議の後に先輩T氏友人Y氏後輩O氏と軽く飲む。昔の馴染みは馬鹿話にもターボがかかって面白い。しまらない会議の憂さ晴らしにはもったいない飲みである。

その後三鷹に住む先輩O氏と三鷹で飲む。ショットバーである。三鷹ではほとんど飲まないので初見のお店。でも三鷹らしい垢抜けなさとお酒の種類の多さがナイス。ウォッカ2種類飲む。馬鹿話と粋な話と生きる話をする。その後帰宅。また篭る。

2002.04.26

当然篭る篭る。閉鎖モード。後4日間は閉鎖モードです。

出たのは結局食材を買いに出たのと銀行に出たのだけ。でも通帳記入をしようと持って出た通帳は別の銀行のもの。集中力低下中。いかんなぁ。

でもホタルイカがあったのでちょっと贅沢して購入。ワサビ醤油ショウガ醤油でいただく。春の味だなぁ。でもそろそろ旬も終わりです。

2002.04.27

言うまでもなくの閉鎖モード<だったら書くなよ。

今日も部屋に篭る。CADを操るのはMac、息抜きと情報収集はWINと一応の区別つけている。大して意味はない。要はハード的にディスプレイの大きい方を優先的にCADメインとして考えているだけである。そう考えるとまだまだ完全に液晶ディスプレイにCRTモニタが取って代わるわけにはいかないですね。一般的な画面サイズだと液晶は十分選択範疇だが17インチを超えるあたりからコスト/パフォーマンスもしくは必要度が選択権を持つ人の頭を悩ませているわけですね。でも3Dレンダリングとかはしていないがコンピュータは早いほうがいいですね。OSも最新だけがいいのではなくバランスですよね。

所用で下田ご意見番のS氏と連絡取り合う。メール、チャット風伝言板、携帯電話と使用。ITですね(苦笑)

2002.04.28

天照大神のごとき閉鎖モード<そんなにいいものではない。

本日は見事に会話がないぞ。スーパーに一度出たけど肯くだけでほとんど用事は済むしね。まぁ仕方ないでしょう。わざとヒゲも剃っていないので相当むさいことでしょう。

ようやくモデリングも大体終わりレンダリングにかかるがこれが時間かかるかかる。だいたい1ショット1時間くらいのペース。時間は余るが作業が出来ない、大したパースでなくても陰線処理するとこのくらいはかかる。WINもMacも総動員。といっても2台ですけど。早いコンピュータが切実に欲しくなる。しょうがないので読書。しょうがないんですよ本当に。。。

2002.04.29

閉鎖モード中

本日も外に出ず。外は極めて天気よく。換気のために開けた窓から風だけは爽やかに入ってくる。

食事は冷凍&インスタント。コンビニとインスタント食品が制作の現場を変えたって誰かが言っていたけどまさに至言。いつどこでも食事ができるということはいつでも仕事ができるのと同義。実地体験中也

Tom ClancyRainbow Six 2」読了。コンピュータの処理待ちは気が急いているのに何も出来ないこの手持ちブタさん

2002.04.30

今日も徹夜の閉鎖モード。いかん朝一から胃の調子がおかしい。

午前中は忍の一字で処理待ち。手持ちブタさんたることおびただしい。結局時間の関係から方針を一部変更したため手作業が増える。でも手を動かしていた方がじりじりと待っているよりも精神衛生上はよろしい。それにしても新しい機材が欲しい。メインマシンだけではなくプリンタもスキャナも。でも泣き言を言ってもしょうがないので必死になる。

新宿に行ってコピー&ペーストじゃなくパネリング。そのまま郵便局に行って発送。一件落着。提出した途端に頭痛がする。腰が痛い。目が痛い。はぁ若くないねぇ。小雨の中帰宅。熱い風呂に入る。さっぱり。日本人でよかったと思う瞬間。その後はゆっくりと今日はお休みです。ふぅ。

Tom ClancyRainbow Six 3」読了。次は最終巻。

[past sync days]

[2001] [2002] [2003]

back